なるべく財布を持たなくていいようにカードホルダー付きのiPhone 12 miniケースを買う


キャッシュレス化が進んでいますが、まだ財布は必要。
それでも少しでも財布を持たない時間を増やそうと思って、Bellroy(ベルロイ)のカードホルダー付きiPhone 12 miniケースを買いました。

商品名は「Premium Slim Leather Phone Case – 3 Card (カードホルダー付き、iPhone12 mini用)」。
価格はAmazonで9,500円です。
色はGraphiteと言う名のグレー。

 


iPhone 12 miniと一緒にカードを持ち運ぶことを考えた時、背面に磁石でくっつけるタイプとケース自体にスペースを備えているものがありますが、磁石でくっつけるタイプはどうしても外れる不安が拭えないので却下しました。

ケース自体にカードを入れられるタイプの中では、このBellroyのものが一番かっこよかった。

 


ケースを実際に触った時の印象は、「デザインがいい」「軽い」「ハリボテ感があってちゃちい」。
質感としては、プラスチックのケースに薄いレザーを張り合わせたような感じがします。

 


内側にはSIMカードを入れられる構造あり。
海外に行った時など、SIMカードを入れ替える際の収納として便利ですね。
iPhone 12 miniより大きいサイズのものだとSIMピンが収納できるポケットも備えます。

 


ボタン部分の処理や端子部分の切り抜きはよくできています。
ボタンは押しやすい。

 


意外だったのは裏面がフラットではないこと。
カードを入れる部分は水平ですが、そこから上にかけて薄くなっていきます。
この厚みのある「こんもり感」は手に持った時に馴染みます。

 

 


Apple純正ケースとの比較。
作りはやっぱり純正の方がしっかりしていますね。
厚みは当然Bellroyの方が厚い。
重さはBellroyが37g、Appleが25gとちょっと違うのですが、体感では分かりませんでした。

 


iPhoneに装着。
タイトに作られているので、はめ込むのはかなりきついです。

 


サイズ的にケースの作りが甘く、画面左右と下の部分でiPhoneの縁が見えます。
これは残念。

 


肝心のカードスペース。
3枚収納可となっていますが、あまり広くないので、厚みのあるクレジットカード3枚は無理ですね。
薄いカードならいけます。

今のところ、免許証、クレジットカード、1万円札を収納。
開閉はマグネット構造でしっかりつきます。
QUICPayやIDに対応しているクレジットカードは、入れたままでも読み取ってもらえます。

 


ケースは作りが甘い部分があって、これで1万円弱は高いな〜というのが正直な感想。
ただ、iPhoneだけを持って出かけられる時間が増えたので、そこは本当に便利です。
MagSafeや無線充電は当然使えなくなりますが、それはトレードオフですね。

支払いにおいて、現時点ではまだ現金やクレジットカードが必要な場合があって、その他にも会員カードが必要なお店もあり、スマホだけでは完結できませんね。
レジのシステムではユニクロみたく電子タグを導入してくれると、キャッシュレスだけでなく精算時間短縮の恩恵も受けられるので、多くのお店に導入されるのが待ち遠しいです。
カゴを乗せるだけで金額が表示されるユニクロのシステムは素晴らしくて、レジ待ちが苦手な自分としてはあれだけでちょっと行きたくなってしまう。

 

>>Amazonで購入
満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク