グルテンフリー生活で出会った意外と美味しいラーメン

約2ヶ月間グルテンフリー生活をしてみました。

小麦に含まれているグルテンは、アレルギーだけでなく、下痢や便秘、倦怠感など様々な不調を引き起こす可能性があるとされています。
あのグルテンの粘りが腸にへばりつき、消化器に異常をきたすという因果関係ですね。

自分自身は小麦アレルギーではなく、食べた後の不調もそれほど感じたことはありません。
それほどというのは、パンを多く食べた次の日は体のだるさを感じることがあります。
このだるさはお米を多く食べた次の日には感じない症状です。

なので、グルテンフリー生活を試した動機は、必要性を感じてというより、ただ実験して何か変わったら面白いなという軽いものです。
そしていざやってみると、パンをはじめ、うどん、ラーメン、パスタ、餃子、カレーやシチューのルー、ケーキなどの洋菓子、スナック菓子など、小麦を使う食品は意外と多く、食べられないものがかなりあります。
その多くが普段好んで食べているもので、中でも愛してやまないラーメンが食べられないというのは痛い。

 


前置きが長くなりましたが、そんなグルテンフリー生活の中でもなんとかラーメンを食べられないかと見つけたのが、この米粉でできたグルテンフリー ヌードルです。
こちらはAmazonで購入し、価格は5個セットで1,096円。

 


多くのグルテンフリー麺は米粉で代用されており、見た目や味が似ても似つかないものが多い中で、この麺は見た目からしていい感じ。

 


肝心の味の方は、やはり小麦には勝てませんが、かなり満足できました。
味は少々お米の感じがありますが、食感は似ています。
結果2ヶ月で2回購入することに。

 


ラーメンの麺があれほどよくできているなら、うどんの方も美味しいのではと同じ会社が製造しているグルテンフリーうどんも買いました。

 


こちらの方はだめでした。
もちを薄切りにしたような感じで、食感がプラスチックのようです。

 


グルテンフリー ヌードル、とても気に入ったのですが、価格だけがネックです。
1食あたり麺だけで200円を超えるというのはちょっと高いですね。
製造上コストがかかるのかな。

小麦は昔から欧米で食べられてきたのに、なぜ近年グルテンフリーが盛り上がってきたのだろう?と思うのですが(しかも欧米から)、どうやら小麦の品種改良で、昔の小麦と今の小麦は別物になっているからのようです。
この辺は素人にはよく分からず、個人差も多い部分なので、自分で試して選んでいくのがいいですね。

そしてグルテンフリー生活を2ヶ月やってみた結果は、体調は特に変化なし。
今まで通りの感じです。
1つだけ変わったことがあって、それはパンを食べなくても大丈夫なように。
パンはこれまで週一以上で必ず食べたくなっていましたが、この欲が嘘のようにないです。
中毒から抜け出したかのようです。
現在、他の小麦製品はまた食べ始めましたが、パンを食べることが少なくなったので、結果的に小麦を摂取する量は減っています。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク