ケンジントンのワイヤレストラックボール ExpertMouse

ケンジントンのワイヤレストラックボールを買いました。
型番はExpertMouse K72359JP。
Amazonで購入し、価格は約9,500円でした。

 

同梱品はこんな感じ。
本体・説明書・パームレスト・単4電池2つ。

 

トラックボールの楽さや便利さに慣れるとマウスには戻れなくなるのですが、
これまでは左のケンジントンのSlimBlade Trackballを使っていました。
結構気に入っていたのですが、クリックが効かなくなって保証期間も過ぎていたので今回ワイヤレスのものに乗り換えました。

 

ワイヤレスExpertMouseはボタン部分などしっかりした作りなのですが、SlimBlade Trackballと比べるとめっちゃ分厚いです。

 

そのため手首の負担を抑えるためにパームレストが付いています。

 

取り付けは穴に差すという、結構安っぽい機構。

 

パームレストを付けるとさらにでっかくなります。

 

ワイヤレスでの接続はBluetoothとUSBの2通り。
MacではUSBでの接続時のみトラックボールの設定ソフトが使えるので、USBでつないでいます。

 

使用電池は単4電池2個。

 

Mac側のUSBレシーバー。

 

SlimBlade Trackballと比べていいところは、
・ワイヤレス!←本体自体は動かさないで使うトラックボールでもワイヤレスはすっきりしていいです
・ボタンがしっかりしてる←クリックしやすくて、壊れにくそうでいい

SlimBlade Trackballと比べてダメなところは、
・でかい←角度が急でパームレストを付けても手首に負担がかかる
・スクロールリングが動いてしまう←スクロールリングの作りが甘い

 

スクロールリングの作りが安っぽいのは事前に調べて知っていたのですが、一番困るのが少し触れただけで動いてしまって意図せずスクロールしてしまうことです。

これすごく困るのですが、このことを言っている人は誰もいないんですよね。
ボールを動かす時によく一緒に回ります、、これは自分が極度に不器用なだけなのでしょうか。。

 

スクロール以外は合格点です。本体がでかいのも慣れます。
ケンジントンのトラックボールは解像度が高いこともあって、ポインターの動きは本当に滑らかです。
よくできていますね。
お陰でトラックボールに変えてから腱鞘炎とは無縁です。

それでも、SlimBlade Trackballのワイヤレスが出たらまた乗り換えてしまうかもしれません。
やっぱりスクロールはあちらの方が圧倒的にやりやすいので。

満足度:★★★★★☆
Kensington ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP 【日本語パッケージ】
ケンジントン 【正規品・5年保証付き 日本語パッケージ】 SlimBlade Trackball 72327JP




スポンサーリンク