コーヒーをドリップして淹れることが多くなってきたのでバルミューダの電気ケトルを買った


最近はコーヒー豆をもらうこともあって、ドリップでコーヒーを淹れることも多くなってきたため、注ぎやすい電気ケトルに買い替え。
“最高の注ぎごこちを実現したノズルとハンドルの形”を謳うバルミューダのやつです。

価格はAmazonで11,000円。
型番はBALMUDA The Pot K02A-WH。

 


表面は吹付けのような高級感のある塗装。
手触りも良好。

 


後ろ側に電源スイッチ。

 


電源を入れると取っ手に付いているランプが光ります。
お湯が沸くと消灯。

 


蓋は特にロックなどはなく、開け閉めしやすい。

 


容量は600ml。

 


本体を乗せる電源ベース部分。
コードも本体に合わせて白なら良かった。
コードは裏のコードホルダーに収納することができます。

 


こういう形のケトルは使ったことがないので他のものと比べられませんが、確かに最高の注ぎ心地。
注ぎスピードが自由自在で、液だれもありません。

 


せっかちなもんで、カップラーメンなんかは早くお湯を注ぎたいのですが、傾ける角度を上げれば結構早くも注げます。
ただ、お湯は遠くへ注がれるので、距離感注意。

 

[via 無印良品]

以前使っていた電気ケトルはこの無印良品のもので、デザインは気に入っていたのですが、「沸騰直後に注ぐとお湯が吹き出す・注ぎ口が汚れやすい・傾けすぎると後ろのスイッチ部分から湯気が出て手首あっつい」なんかの不満がありました。
もちろんお湯は一気に出るのでドリップには向いていません。

 


今回見た目に惹かれて買ったバルミューダの電気ケトル。
ちょっと高いのとコードの色が残念でしたが、それ以外は文句なし。
電気ケトルはもう一生これでいいな。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク