スペーシアギアが納車されたので雑感を


最近の軽自動車は性能がすごく良くなっていると何度も聞いていたけれど、実際に購入して乗ってみると本当にすんごいです。試乗だけでは半分もわかっていなかった。

今、10年ぐらい前のコンパクトカー(1500cc)にも乗っていて、それと比べると今回買ったスペーシアギアは2レベルぐらい上の車に感じます。何もかもスムーズで高級感すら感じる。

まだ乗り倒してはいませんが、ざっくりと雑感を書きます。
ちなみに購入したのは4WDのターボモデルです。

 

デザインについて

フェイスの丸目ヘッドライトと図体のボックス感がかなり好み。
上部と下部をガンメタで挟んだSUV感のあるデザインも良い。ほぼジャケ買い。
見た目に惹かれて買ったら性能もついてきたという感じ。

 

■静音性について

出だしエンジン音が唸るが、不快な音ではない。スピードに乗るとほとんど聞こえなくなる。
ロードノイズは多少聞こえてきて、エアコンをつけているとあまり聞こえない。
総じて静かな方だと思う。

 

エンジン性能について

コンパクトカーより低速のトルクは弱く感じるが、ターボと電気モーターアシストによって不足はない。
急な坂道でも甘踏みでスルスルと登っていく。

 

■安定性について

この小さなタイヤでなんでこんなに安定しているのか訳がわからない、ぐらい安定している。
少し荒れたぐらいの路面はいなしてしまうので、ハンドルがとられずスムーズに走れる。
逆に伝わってこなさすぎて油断しそう。

段差の突き上げは多少あるけれども、今乗っているコンパクトカーの方がある。
これ以上足回りを柔らかくするとフワフワして車酔いしやすくなるかもしれない。
背が高いので風の影響を受けるが、危険なほどではない。

 

燃費について

スタッドレスを履いた冬のこの時期に、ストップアンドゴーが少ない道でリッター20km前後。
満足。

 

室内空間について

横幅は当然普通車よりも狭いが、天井が高いので圧迫感はない。
横幅は先代よりも2.5cm広がったそう。
後部座席は足元スペースが広くて、一番後ろにスライドすると前席との会話が難しくなる。

 

■シートについて

前席のシートは適度な硬さとホールド感で座り心地上々。
後席は前席よりは背もたれが薄くなっているが、着座部分は同じぐらいの厚さなので座り心地は悪くない。

シートカバーは全席撥水加工仕様で、雨や雪の時も濡れるのを気にしないで乗りこめる。

 

価格について

ここ10年くらいで軽自動車は価格が上がってコンパクトカーと変わらなくなってきたが、スペーシアギアを見るとコンパクトカーよりもちょっと小さいぐらいで装備はほとんど変わらず、質感も高いので妥当だと感じる。
それでもコンパクトカーよりちょこっとは安いので、軽自動車は利益が少ないというのは本当なのかも。

 

不満点
良いところばかり書いてきたが、現時点で唯一の不満点はカーテンエアバッグがないこと。
これはもちろん買う前に分かっていたことだけど、オプションでいいから用意して欲しかった。

 

雑感はこんな感じです。
レビューなどでは結構厳しい意見も目にしましたが、乗った感想はこれまでどんな車に乗ってきたかによるでしょうね。
自分は軽自動車でこの出来は本当にすごいという印象です。
4WDかFFか、ターボかNAかでもまた違うでしょうね。

 


軽自動車で一番売れているN-BOXは、さらに乗り心地が良いとされていますね。半端ないです。
自分にとってはスペーシアギアの性能で十分ですし、なによりデザインが気に入っているのでとても満足しています。

満足度★★★★★★




スポンサーリンク