タブレットをiPad mini 5からiPad Air 4へ切り替える

iPad Air 4を買いました。

これまでのiPad遍歴は、iPad 2 → iPad mni 2 → iPad mini 4 → iPad Pro 10.5 → iPad mini 5 → そして今回のiPad Air 4と、大まかに見れば大小を繰り返すように使ってきました。
大きいものを使うと取り回しが悪くて嫌になり、小さいものを使えば画面のサイズに不満を感じる。

だから最近はiPad mini 5とHUAWEIの10インチを組み合わせて使っていたのに、今度は1台にまとめたくなってしまった。(それとAndroidが使いにくかった) ※HUAWEIの記事はこちら

というわけで今回はiPad Air 4です。
価格はAmazonでセールでもないのに安くなっていて約6万円。
なぜか時々安くなったりしますよねAmazon。

 



色はグリーン。
新色が出ると試してみたくなるということでグリーン。
Appleのこの淡い色付けは好みに合います。
角張ったデザインもいい。

 


お別れするiPad mini 5との比較。
iPad miniの取り回しの良さは最高なんですが、ちょっとやりたいことが増えて、もっと大きい画面のものが欲しくなってしまいました。
それと、miniのデザインに飽きてしまったというのもあります。
初代から ずっと変わらぬ このデザイン。

 


iPad Air 4はiPad Proに比べると縁がちょっとだけ太いんですが、これお店で見比べていたらAirの方に惹かれてしまいました。
なんといいますか、この太さが愛嬌ある感じで。

 


ケースはキーボード付きのFolio Touchにするか、それともMOFT Xで軽量運用するか迷っているので、とりあえずつなぎのものを購入。
このケースはAmazonで997円という激安商品ですが、問題なく使えています。

 

iPad mini 5で使っていたサードパーティー製のペンが問題なく使えました
 

iPad Air 4でやりたいことというのは、リビングでの動画とネットの閲覧、それと英語と漢字の勉強、あとアイコンを描いてみたいという感じです。
漢字は全然書けなくなっていて恐ろしいです。今ようやく小学生レベルをクリアしました。

描き心地の方は、iPad Proよりも少しだけ遅延がありますが、ほぼ気になりません。
今の使い方だったら充分です。
とにかくApple Pencilも買わなくては。

欲を言えばブログを書いたり画像処理なんかもやりたいですが、それはまだまだMacBook Proの方が作業がしやすいので、補助的に使いたいと思います。
「できる」というのと「快適にできる」というのは大きく違って、iPadはシングルタスクはこなせますが、マルチタスクは圧倒的にMacの方がやりやすいですね。

iPad Air 4を使い始めてもうすぐ1ヶ月。
すでに愛着をもって使っています。

>>Amazonで購入
満足度:★★★★★★満点




スポンサーリンク