ランニングのお供にスマートウォッチ「Mi Band 5」を買う

ランニング中にペースを腕で確認できたらいいなと思って、スマートウォッチ「Mi Band 5」を買いました。
結論から言えば、ランニングには向いていませんでした。

 


購入したのは「Mi Band 5」のグローバル版。
価格はAmazonで約4,400円。
同梱物は本体と説明書、充電ケーブルです。

 


裏側は心拍数などを計測するセンサーが付いています。

 


画面下側の「○」部分がタッチ式のホームボタンです。
色々なメニューから戻れる、キャンセルボタンのようなものですね。

 


とりあえずアナログ時計のデザインにし、心拍数と歩数が確認できるように設定。
この辺は色々選べます。

 


天気も表示できますが、気温も天候もあっていないので使わなくなりました。
表示される天気はiPhoneのものやヤフーのものなどとも違い、どこの天気予報なのか分かりません。

 


目的のランニング機能を使います。
Mi Band 5のグローバル版は現在のところ英語表記となりますが、LINEなどの通知は日本語に対応しています。

 


GPSはiPhoneのものを使うので、iPhoneとBluetoothで接続してMi Fitアプリを立ち上げると認識してくれます。

 


スタートするとこんな画面になります。
上からトータルの時間、トータルの距離、現在のペース、カロリーです。
一番初めに家で見た時は文字が小さいながらも画面はきれいだし、走っても確認できそうだなと思っていました。

 


それでは実際に着けて走ります。

 


確認不可能です。
文字が小さすぎて走ったら目で捉えることができません。
上の写真では時計画面表示ですが、ランニング画面も一緒です。

めっちゃ頑張って凝視すれば確認できるのですが、走っている時はそんなによそ見できません。
購入する前から画面は小さいと分かっていたのに、なぜか自分は大丈夫だと思っていました。哀れ。
ウォーキングなら確認可能です。

あと、致命的なのが現在のペース表示があっていないこと。
同じようなスピードで走り続けても1.5倍ぐらい上下して参考になりません。

良かった所は、1kmごとに振動してその1kmのペースを教えてくれる所。
この時はシンプルな表示となって若干見やすいです。
また、iPhoneのNIKEアプリと併用できるので、NIKEアプリでこれまでの1kmペースの平均が聞け、Mi Band 5で最新の1kmのペースが確認できます。
こんなところでしょうか。

 


自分のやりたいことにはあまり使えないな〜と思っていたところに、かなり前にAmazonで頼んでいた交換用のバンドが台湾から届きました。
画像よりちょっと明るいオレンジだったけど、266円だったので何も文句はありません。
問題なく使えます。

 


スマートウォッチにはなんとなく興味があるけれど、いきなりApple Watchを買うのは気が引けるということで、とりあえず今回安くて評判のいいものを買ってみました。
結果、自分が求めているものが色々と分かりました。

 

スマートウォッチに自分が求めるもの
1、大きな表示
パッと見でしっかり確認できるぐらいの表示サイズがほしい。

2、常時点灯
Mi Band 5には常時点灯機能はなく、いちいち腕を上げなければならない。
点灯にもタイムラグがあるし、常時点灯は必須。

3、正確なランニングペース
現在のペースを正確に知りたい。
あと、できたらこれまで使っていたNIKEのランアプリを使いたい。

4、懐中電灯機能
暗いところでは安全のため時計も光ってほしい。
反射板やライトをつけているが時計も光ったらなお安心。

5、音楽再生
スマートウォッチだけで音楽が聞けたら走る時にもうiPhone持たなくていい。
最高。

おまけ、iMessageの通知
Mi Band 5はLINEやメールの通知は来ますが、iMessageは通知されません。
自分はiMessageを一番使うので、この機能があったら便利かなと。

 

これ、トータルして考えるとやっぱりあのスマートウォッチがいいような。
Apple Watch、買ってみるかな。。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★☆☆☆




スポンサーリンク