リングフィット アドベンチャーがやりたくてNintendo Switchを買う


仕事がデスクワークなもので、定期的に体を動かさないとえらいことになります。
あちこち痛くなったり、脂肪もたくさんつく。ストレスもたまる。

なのでランニングをしているのですが、雨の日や風が強い日なんかはできないので、家でも運動ができるようSwitchとリングフィット アドベンチャーを買いました。

 


SwitchはAmazonに売っていなくて、まだ品薄なのかと思ったら公式サイトで普通に買えました。
リングフィット アドベンチャーはAmazonで購入。
価格は7,473円。

 


Switchは新しくなった有機ELモデルを買いました。
画面が大きく綺麗になったようですが、初代を持っていないので分からず。
画面の綺麗さもiPhoneやiPadと同等に感じます。

それよりも、アシンメトリーのコントローラーが使いにくいなとか、ソフトを入れるところがちゃちいなとか、充電ドックに本体を挿すとこんなにグラグラするんだとか、細かいところの作り込みが気になってしまった。

 


リングフィット アドベンチャーは、売れているだけあってさすがの出来。
リングを使って運動するというアイデアは素晴らしいし、リングと足に付けるコントローラーの反応もいい。動きをしっかりトレースしてくれる。
運動で相手を倒していくというゲーム性も楽しく、これは買ってよかったと思いました。

少しジョギングをすると敵が出てきて筋トレになるので、有酸素運動よりも無酸素運動の方が割合が大きいかな。
ジョギングだけできるモードもあるので、それと組み合わせてやっています。
このリング、最初は思いっきり引っ張ったら壊れるんじゃないかと思っていたのですが、杞憂でした。
すごく頑丈です。

こういう運動ゲームは続けられるのかが問題ですが、自分の発想として「ゲームをしていると運動になっている」というより「運動をする時にゲームができる」という考えがあるので、運動をしようと思っている限りは続けられるはずです。

 

 


それにしてもSwitchというのは本当によく考えられているゲーム機で、テレビでもできるし、一人で手に持ってもできるし、外に持ち出して複数人でもできる。
分かってはいたけど実際に使ってみるとそのバリエーションに感動します。
最近は車の中でも遊んでる。

 


結局リングフィット アドベンチャーにとどまらず、マリオ、ドンキーコング、ストⅡ、ドラクエ、料理作って運ぶやつ、フニャフニャしたキャラクターが駆け回るやつなんかを一気に買ってしまいました。
テトリスとNintendo Switch Sportsも欲しい。
もうすぐゲームボーイソフトもできるようになるとかいう噂もありますね。

実生活に役に立たないものはやる気がしなくて、しばらくゲーム機を買うことはなかったのですが、買ってみて分かりました。
このストレスフルな情報社会において、何も考えずに遊べるというのがいかに大事なことか。
ゲームに熱中している時はそれだけで役に立っているんですね。
それでも、やりすぎで他のことができなくなってストレスがたまらないよう、注意します。

 

>>Amazonで購入
満足度:★★★★★★満点!