レジがなくなるとき、が来るのかも

前回、Amazonがレジのない店舗をオープンさせると言う記事「レジがなくなるとき」を書きましたが、そう遠くない未来日本もそうなるかもしれません。正確に言えば、レジの待ち時間がなくなるとき、ですね。

と言うのも、タイムリーなニュースを発見しました。
ローソンとパナソニックが、業界初の完全自動セルフレジ機「レジロボ」と電子タグの実証実験を開始するそうです。

’’経済産業省の支援を得て次世代型コンビニエンスストアの実験店舗「ローソンパナソニック前店」(大阪府守口市)において、2016年12月12日より業界初となる完全自動セルフレジ機「レジロボ®」の実証実験を開始します。2017年2月にはRFID(電子タグ)を導入した実証実験を行う予定です。将来的には精算時のスキャン登録を無くしたスピーディな精算でお客様の利便性を向上します。’’

現時点では自分でバーコードをスキャンする必要があるようですが、今後は電子タグで自動集計され、商品かごをレジに設置するだけで自動的に精算と袋詰めが行われます。

商品を選んで持ち出すだけで精算が済む「Amazon Go」と比べると、デザインもパースペクティブも昭和と平成ぐらい違いますが、とにかくレジの待ち時間が減りそうで嬉しいです。

レジがなくなる世界、一日でも早い実現を望んでいます。




スポンサーリンク