ワイヤレス角マウスを買いました

mouse

普段メインで使っているマウスはトラックボールで、予備でもう一つマウスを持つようにしています。その予備で使っていたBluetoothのマウスが壊れてしまったので、こちらのワイヤレス角マウスを購入しました。型番はCU-KAKU1。

 

P1060535

付属品はレシーバーと単三電池1本。
この単三電池一本で1日8時間使っても半年持つようです。

 

kakumouse

この角マウスの形は、AppleのコンピュータがMacではなくまだMacintoshと呼ばれていた時代のADBマウスを真似たデザインです。私は実際にADBマウスを使ったことはないのですが、とてもAppleっぽいデザインだと感じます。

 

kakumouse2

1つに見えるボタンは左右クリックができる2つボタンになっています。

 

P1060541

親指部分にスクロールホイール。
こちらは押し込めるようになっていて、第3のボタンとしても動作します。

 

kakumouse3

ラバー状の素材ですべりにくい作り。

 

kakumouse4

裏面は電池とブルーLED、レシーバーが収納できる穴があります。

 

kakumouse5

レシーバーを収納するとこんな感じです。
ちょっと出っ張ります。

 

P1060549

レシーバーのサイズは小型ではありますが、最近では普通ぐらいの大きさかと思います。
こうやってUSBポートを使わせないように予備のマウスはBluetoothのものにしていたのですが、結構な頻度でポインタが飛んでしまい正確な作業が行えませんでした。
Bluetoothマウスはもう少し技術が進んでくれないと厳しいですね。
この角マウスはレシーバータイプなので飛ぶようなこともなく、正確に動いてくれています。

 

P1060561

メインで使っているKensingtonのトラックボールと比べるととても小さく感じます。
しかし特別小さいというわけでなく、このようなマウスとしては平均的な大きさだと思います。

 

kakumouse7

デザインはとてもよく、使い勝手も悪くありません。
ただ作りが少々荒いのだけがちょっと残念です。

>>Amazon ワイヤレス角マウス
>>Amazon Kensington Trackball
満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク