久しぶりに親指タイプのトラックボールを買う

ここ10年以上、マウスは人差し指&中指で操作する大きいサイズのトラックボールを使っていて、最近ではKensingtonのExpertMouseを使っていました。
買った時の記事はこちら

が、操作中に意図せずスクロールリングが回ってしまう問題があって、これがストレス。
持ち前の優しさで温かく見守ってきましたが、ついに我慢の限界が来たので、久しぶりに親指タイプのトラックボールを買いました。

 


買ったのは、レビューなどで評判の良いロジクールのM575。
価格はAmazonで5,300円でした。

 


トラックボールとしてはリーズナブルな価格なのに、ちょっと高級感のあるデザイン。

 


裏面。
接続はUSBドングルとBluetoothの2種類あるので便利。

 


手を置いてみると、ものすごくフィットします。
形状がいいんですね。
さすが売れてるだけある。

 


最近まで使っていたKensington ExpertMouseとの比較。
サイズがかなり違います。

 


M575の使い勝手は上々です。
高い解像度で動きがスムーズだし、 スクロールも問題なし。
価格もお手頃で、間違いのない製品ですね。

ただ、自分にとってはやっぱり人差し指&中指で操作するタイプの方が好みです。
大きい分、より細かい操作ができるし、普段使ってる24インチの画面だと端から端まで矢印を移動させるのも楽。
親指タイプだと操作はどうしても大味になるし、ある程度の距離を移動させるには何度かボールを回さないといけません。

久しぶりに親指タイプを使ってみて、大玉のトラックボールの方が好きということを再確認した結果となりました。
旅行などで持ち運ぶなら断然親指タイプですけどね。
以前使っていた大玉のKensington SlimBladeはかなり良かったので、あのワイヤレスモデルが出たらすぐに買うのになかなか出ない。

 

>>Amazonで購入
満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク