家でも外でもホットサンドを楽しむためにホットサンドメーカーを買う

ホットサンドというものは手間に比べてリターンの多い料理で、パンに具を挟んで焼くだけでお店並みの食事が楽しめます。
数年前に電気式のホットサンドメーカーをもらって以来、家でよく作っています。

昨年からキャンプに行くようになったので、外でも作れるようガス火専用のホットサンドメーカーを買いました。

 


買ったのはi-WANO × 燕三条のもの。
いつものようにAmazonで一番人気があった商品を選びました。
価格は4,054円。

 


これの良いところは、パンの耳に当たる部分が盛り上がっていて圧着できることと、2つに外れてフライパンとしても使えること。
作りもしっかりしています。

 


フライパン部分は厚みのある作りでフッ素樹脂加工。

 


片面にだけロゴマークが施されています。

 


ホットサンドメーカーとしては安くはないものだったので、フライパン部分の作りは想像通りだったのですが、想像以上だったのがこの柄の部分。
もっとちゃちな作りかと思っていたら剛性が高く、ラケットのように振り回しても大丈夫そう。

 


早速外で焼いてみました。
ホットサンドは、パンにハム・チーズ・レタス・マヨネーズをはさんで焼くだけでもうお店。
トマトを入れたらさらに贅沢な味に。
なんてすてきな食べ物でしょうか。

 


ちょこちょこ裏返して、様子を見ながら焼いたらうまく焼けました。
それはもうカリッカリ食感で美味しいです。
ただ、8枚切りのパンだと耳の圧着が足りなかったので、もっと厚い6枚切りとかの方が良いですね。

 


今度は車内で。よく見かけてやってみたかった肉まん焼き。
バターを溶かして焼きます。
あまりに美味しそうに焼けたので、すぐにかぶりついてしまい、写真はありません。
中身は肉まんで変わりませんが、皮がナンのようになるんですね。

 


今度は家で餃子を焼く。
パリッパリに焼けます。
油を敷いて餃子をのせ、水を入れて閉じれば蒸し焼きになるので調理も楽です。

 


今度はまた外で餃子を焼く。
パリッパリに焼けます2。

 


今度は2枚に分けてフライパンとして使う。
ガスコンロには直接2枚を乗せることができないので、網や五徳なんかが必要です。
今はとりあえず100均で買った網を使っています。

 


フライパンとしては少し小さいですが、ちょっとずつ焼く分には十分使えます。
野菜も肉もしっかり焼けます。

 

いやー、なんでもカリカリに焼けて楽しいですね。
電気式のものではこうはいきません。
使いみちもホットサンドだけでなく、多様な使い方ができるので、本当に買ってよかったです。
いろいろ試しすぎて肝心のホットサンドをまだ1回しかやっていないので、これからが本番です。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★★




スポンサーリンク