家の防犯カメラとしてTP-Link社の「Tapo C200」を買う

旅行などで家を長期間空ける時は、家の中にカメラを設置して出かけます。
これまで使っていたカメラが古くなり、また使いにくかったので買い替えました。

 


数ある中で選んだのはTP-Link社のTapo C200。
以前TP-Link社のスマートプラグを買って、とても使いやすかったのでこちらにしました。
その時の記事はこちら

価格はAmazonで約4,000円でした。

 


機能としては、動体&音声検知、音声会話、水平方向 360°・垂直方向114°のパンチルト機能、マイクロSDへの録画。
すべてスマホのアプリで操作&管理できます。
TP-Linkはこのアプリが良くできているんですよね。

 

アプリではTP-Link IDを作成し、購入したカメラを追加すると、

 

家のカメラとして登録することができ、管理できます。

 


カメラの画面に行くと様々な操作が可能。
映像もフルHDでとてもきれいです。※上記の写真はぼかしています
暗い場所でもナイトビュー機能で明るく映ります。

また、カメラを上下左右動かせるので、1台で広範囲の監視ができます。
動くものを検知するとLED点灯とアラームを鳴らし、SDカードへ録画。
同時にアプリに通知が来ます。

 


Wi-Fiの接続はアプリを使って簡単にでき、動作はとても安定しています。
※Wi-Fiの接続は2.4GHzのみです

これまで使っていたカメラではアプリはなく、Wi-Fiの設定がめちゃくちゃ大変でした。
動作も不安定で、何も問題がなくても異常検知され、しかも通知はEメールという前時代的なもの。
それでいて価格は今回の製品の倍だったことを考えると、時代の流れを感じます。

防犯カメラは置いておくと海外からでも家の様子がわかるし、不審者対策だけでなく火事になっていないかなどの確認もできるので、お守りのように使っています。
遠方で問題を検知した時用に地元の交番の電話番号も控えているので安心。

>>Amazonで購入
満足度:★★★★★★満点




スポンサーリンク