新たなプロジェクターとしてXGIMI社の「Elfin」を買う


テレビからプロジェクターの生活に移行して2年近くが経ちました。
プロジェクターはテレビに比べて場所を取らないし、目に優しいし、とても気に入っています。
テレビが無くなってから番組はTVerでちょこっと見る程度で、YoutubeやPrime Videoばかり見ています。

 


今まで使っていたプロジェクターはXGIMI社の「MOGO」で、半額セールで2万円ちょっと。
コストパフォーマンス抜群で満足していましたが、設置場所を変えたくなって、そうすると光量が足りない&解像度が落ちるということになり、思い切って上位のプロジェクターを買うことにしました。
※「MOGO」を買った時の記事はこちら

 


買ったのは同じXGIMI社の「Elfin」です。
明るさは「MOGO」の約4倍の800ANSIルーメンで、解像度も4倍のフルHD。
価格は78,900円ですが、楽天で15,000円クーポンがあって安く買えました。

 


大きさは約19cm×19cm。
重さは約1kgと軽いです。

 


スピーカーは前面にあります。
3Wのものを2つ搭載していますが、音質はあまり良くありません。
低音が出ない、いわゆる安っぽい音です。

 


リモコンは「MOGO」のものと全く一緒。

 


重量が軽いので小さい三脚でも支えられます。

 


投影してみると、解像感が素晴らしい。
これまで960 x 540画素のものを使っていたので、眼鏡をかけたかのようにくっきり見えます。
そういえばフルHDってこんなに綺麗でしたね。

 


期待していた明るさの方は今ひとつ。
8倍明るくなるかと思っていましたが、感覚的には2倍ぐらいでした。
それでも結構明るいです。
上の写真は昼間に直射日光が入らない状態で映していますが、薄くなれど十分見れます。

それと、動作音はMOGOよりうるさく感じます。
と言ってもプロジェクターとしては静かな方で、MOGOが静か過ぎるのだと思います。
弱のファンが回ってる程度。

 


驚いたのは台形補正機能です。
Elfinは水平・垂直ともに自動で補正してくれ、その後自分でさらに細かく調整ができます。
現在、補正できるギリギリの左側40°から映していますが、これだけまっすぐに映すことができます。

角度がつくと、どうしてもプロジェクターから近い所は明るくなり、遠い所は暗くなります。
それでも許容範囲内です。
解像度の低下もほとんど感じません。
これはすごい。

 


起動も5秒と早く、AndroidTVの動作もキビキビしています。

MOGOでもそうでしたが、Elfinはたまにオートフォーカスが起動しなかったり、勝手にフォーカスがずれたりと細かいところで不安定さがあるものの、全体的に見ればコストパフォーマンスの良い製品だと思います。

30日間の返品期間があるので、購入して気に入らなければ返品しようと思っていましたが、やりたかったことをクリアしてくれたのでこのまま使い続けます。
これだけ綺麗な映像を見たらもう戻れませんし。

 

>>楽天にて購入
満足度:★★★★★☆