肩こりを和らげるために机に簡単に取り付けられる肘置き台を買う

パソコン作業による肩こり・首こりが年々ひどくなっていて、これはどうにかしなければならないと思って早数年。
昔は肩こりとは無縁だったなと当時の環境を思い返していたら、そういえば会社ではIKEAのコーナーデスクを使っていたなと。
あれは両腕が机の上にしっかり乗せられるので楽だった。

 


そこで、今の机もあんな風にできないかと思って探していたらありました。そして買いました。

商品はサンワダイレクトのリストレスト(肘置き台)で、型番は100-TOK004MBK。
価格はAmazonで3,480円です。

 


組み立てはスチール製のフックを取り付けるだけ。
幅は60.5cm。

 


カバーが布のバージョンもあるのですが、チクチクするとレビューに書いてあったのでメッシュの方を選択。

 


早速机にビルトイン。差し込むだけです。
無印の小さい折りたたみテーブルにつけてみましたが、腕を手前に置けるので奥行きのない机も広く使えるようになります。
ちなみにこのテーブルのサイズは幅80×奥行50cm。

 


さて、ここからちょっと補正作業。
レビューではフック部分の角度が左右で違うので、ガタつきが発生すると書いてありました。
購入した物も見事に該当。

 


頭に血をのぼらせながら曲げると大分マシになりましたが、それでもまだガタつく。

 


ということで100均で売っている耐震ジェルを買ってかませると、安定しました。
(これもレビューに書いてあった)

 


次に高さの問題。
この肘置き台はテーブルの上に乗せるので、手が机から2cmほど高くなります。
使う前は気にならないかなと思っていましたが、キーボードを打ってみるとこれが意外と打ちにくくて、逆に肩が凝ります。

 


そこで近所の家具屋で端材を買ってきて、その上にキーボードとマウスを乗せました。
高さがぴったりになって快適に。

 


MacBook Pro 13インチを乗せた状態。

実際にはもっと大きなデスクで使っているのですが、これはいい商品ですね。
腕が乗せられるということは本当に楽で、疲れにくくなります。
机も広く使えるようになりますし、もうなくてはならない存在です。

精度には難ありですが、価格も手頃でいいです。

 

>>Amazonで購入
満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク