電子書籍はiPhoneとiPad miniで読んできたが、ここにきてKindle Paperwhiteを買った

電子書籍はもっぱらAmazonから買っています。
読むにはiPhoneとiPad miniを使っており、これまでこの2つで特に不都合はありませんでしたし、端末を増やしたくないということもあってKindle端末はスルーしてきました。
が、それでも気になるKindle Paperwhite。
電子ペーパー技術や目に優しい画面には惹かれます。

 


ということで、年一回のプライムデーで6,000円引きになってるタイミングで買いました。
モデルは容量32GB、広告なし、Wi-Fi専用。
通常価格は17,980円ですが、セールで11,980円です。

 


第一印象で驚いたのは、画面ではなくその軽さ。
とっても軽い軽い。
片手でつまむようにして持っても疲れません。
重さは182gです。

 


iPad miniとの比較。
画面サイズはiPad miniが7.9インチ、Kindle Paperwhiteが6インチです。
こうやって見るとKindle Paperwhiteはかなり小さいですね。

 


肝心の画面は、これはもう文句なしに綺麗です。
高解像度で読みやすく、よく「紙に書かれているように見える」と言われますが、それも納得です。

 


使っていて感じたのは、このサイズ感が一番有効なのは漫画を読む時、ということ。
iPhoneでは文字が小さすぎて読めないことがあるし、iPad miniでは大きさは読みやすいものの、ずっと持っていると疲れる。
Kindle Paperwhiteは過不足ないサイズでジャストフィットという感じです。
※たまに字が小さすぎる漫画もあって拡大することもあり

 


サイズ感だけでいうと、小説などの本を読む場合はiPhoneでも十分です。
そして、雑誌は当然iPadの方が読みやすい(そもそもKindle Paperwhiteは白黒になっちゃうので味気ない感じになる)。

でも、夜寝る時など暗い場所では、この目に優しいフロントライトの電子ペーパー画面はすごくいいですね。
バックライトとは違ってスマホやタブレットのように光が目に向かってこず、疲れにくい。
そして脳が覚醒すると言われているブルーライトはゼロです。

自分は寝る前に読書することが多いので、これは良かった。
あと、防水なのでお風呂で読めるのもポイントが高い。

 


残念だったポイントは、まず動作が遅すぎる。
本もライブラリもページ移行動作がとてももっさりしているので、移行中に今日の晩御飯のこととか考え始めちゃう。
例えるなら初期のAndroidスマホのようです。

それと、ホーム画面やらライブラリやらの画面が見辛い。
一覧性に乏しく、本を探すのにも一苦労なので、このUIはぜひ改善してほしい。
iPhoneやiPadのKindleアプリもあまり見やすくはないけれど、これに比べたら10倍マシです。

あと、電源ボタンが下についているのも嫌。
お風呂で立て掛けた時とかに押されて電源が消えちゃうので。

 


Kindleの端末は、読書が大好きな人はすぐに買っているだろうし、本を読まない人は買うはずないし、買うか迷うというのは“そこそこ”本を読むという人ですよね。

自分はそこそこ本を読みますが、買ってよかったことは間違いありません。
目に優しいし、読書に集中できるし、漫画も読みやすくなった。
ただ、必要最小限のもので生活しようとしているの中で、端末が増えてしまったことだけがちょこっと残念。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク