Apple TV 第4世代

P1080862

Apple TV 第4世代を買いました。
容量は32GB、型番はMGY52J/A。価格は約2万円です。

 

P1080864

入っているものは本体、リモコン、電源ケーブル、Lightningケーブル。
Lightningケーブルが入っているのは嬉しいですね。

 

P1080872

本体裏側には電源、HDMI、LAN、USB-C端子。

 

P1080889

リモコンは電池式から充電式に変わり、付属のLightningケーブルで充電できます。

 

P1080874

リモコンに音量ボタンが付いたのは便利ですね。
YouTubeなどを見ていると動画によって音量が違うので、これでいちいちテレビのリモコンに持ち替えることなく音量が変更できます。

 

P1080883

今回からApp Storeでアプリをインストールできるようになりました。

 

P1080882

動画関係ではHuluやNETFLIX、YouTubeなど定番のものが揃っています。

 

P1080881

早速インストール。

 

P1080884

ゲームはもちろんヤフオクなんかもあります。
アプリの種類はこれから増えていくでしょうね。

 

P1080885

とりあえずこんなこんな感じに。

 

P1080879

新型の目玉の一つである、Siriでの操作です。

 

P1080877

なんで?

 

P1080876

なんで?

 

P1080875

Siriでの操作はボタン押しっぱなしで話さないと駄目だったんですね。
押しっぱなしにすればきちんと認識してくれました。
上部はタッチパネルになっており、押しこむとクリックです。
タッチパネルはやっぱりアナログボタンより操作し辛い。

それにしてもこのリモコンのデザインは、先代のものに比べるとボタンが多くて野暮ったく見えますね。
Appleらしからぬ感じです。

 

P1080875kai

ちょっと加工してみましたが、こんな感じでよかったんじゃないかと思います。
ホームはMENUボタン長押しで、Siriは再生/一時停止ボタン長押しで、という風に割り当てればこれでも操作できます。
本格的なゲームはどちらにしろやり辛いので、その場合はコントローラーを別に用意すればいいかと。

 

P1080866

でもまあリモコンのデザインは大きな問題ではなく、新しいApple TVにはキビキビした動作と、アプリがインストールできるようになったことによる面白さがあるので、買ってよかったです。

満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク