Latest Posts

MacBook Pro 15インチとMacBook 12インチの2台体制を、MacBook Pro 2018 13インチ1台に集約する

これまでMacBook Pro 15インチ(2014)とMacBook 12インチ(2015)の2台を使ってきましたが、これを手放してMacBook Pro 13インチ(2018)1台にすることにしました。

 


MacBook Pro 15インチは、ブログなど軽い作業から動画編集のような重い作業まで、メインのパソコンとして使用。
MacBook 12インチは主に出先用で、メールやブログなど軽い作業に使ってきました。

MacBook Pro 15インチはすべての作業をこなせるけれども持ち歩くには大きくて重く、MacBookは小さくて軽いけれどもすべての作業はこなせない、という理由で2台使っていたんですね。
それならMacBook Pro 13インチでその両方を満たせるのではないかと考えるも、これまでの13インチはCPUがデュアルコアで、ちょっと力不足でした。

 


そんな中、2018年7月に発売されたMacBook Pro 13インチはCPUがクアッドコアに。
スペック的に申し分なく、重さも1.37kgとぎりぎり持ち運べるサイズで、これは1台に集約できるチャンスと思って購入しました。

 


キーボードはホコリ対策がされ、タイプ音が若干静かになった第3世代バタフライキーボード。

 


大きなトラックパッド。

 


多くのレビューで不評のTouch Barは初体験で、自分もその感想に一票。
使いにくいし、キーボードと違って触れただけで作動してしまうので、ふとした時に触れて意図しない操作になってしまうことがあります。

この他、True Tone搭載Retinaディスプレイを搭載したり、Thunderboltポートが4つあったりと、Touch Bar以外の使い勝手はいいですね。

今回買い替えるにあたって一番悩んだのはメモリの量。
13インチの通常モデルは8GBで、16GBにも増量できます。
今まで使ってきたMacBook Proは16GBだったので、当然16GBに増量すれば問題ないのですが、そうするとオプションとなってAppleの公式からしか買えずに高くなってしまいます。

通常の8GBモデルは他のお店でも販売しており、安価に購入できる。
しかしメモリが足りなくなって作業に支障をきたすかもしれない。
悩んだ挙げ句、なんとかなるだろうと安い通常モデルにしました。
通常モデルはAppleの公式から購入すると214,704円ですが、約18万円で買えました。
ちなみに16GBモデルは公式で238,464円です。

 


心配だった作業の方は、現在のところ全く問題ありません。
常時起動しているのは、Chrome(タブ10個)・Firefox(タブ10個)・Tweetbot・feedly・OneNoteで、この裏でiPhoneで撮った写真20枚をPhotoshopで修正してみましたが、スムーズに動きます。

動画編集ではPremiereだけを起動してHD動画の編集を行い、こちらも問題なし。
4K動画の編集はまだやっていないのでわかりませんが、動画編集の場合はメモリの量よりもグラフィックボードによる影響のほうが大きいので、メモリを16GBにした場合との差はあまりないかもしれません。

そもそもメモリは、転送速度の遅かったハードディスクが使われていた時代に一番威力を発揮したもので、高速のSSDが使われている現在では効果が分かりにくくなってきていると思います。
それでももちろんまだメモリの役割はあって、超高速なデータ一時保管庫として動作しています。

メモリを増やしたほうが良い作業としては、多くの写真RAWデータを調整する作業だったり、After Effectsなどでのコンポジット作業とかでしょうか。
このような作業を本格的にする人は、CPUやグラフィックのスペックも高い15インチの方を買いますね。

 


それにしても2018年のMacBook Pro 13インチはよくできていますね。
前に使っていたMacBook Pro 15インチも2014年モデルとはいえ、CPUはCore i7の2.2GHzクアッドコアでメモリも16GBとなかなかのスペックだったのに、それよりも遥かに早くてサクサク動きます。
こんなに小さいパソコンが、こんなにパワフルに動くなんて。
AppleはハードとOSの連携もうまく調整しているのでしょうね。

今回は安心して長く使いたいと、3年保証のAppleCareにも入りました。
価格は25,800+税。
AppleCareに申し込める期限は、以前は購入してから1年間だったと思うのですが、今は購入後30日以内になったんですね。知りませんでした。

これからガシガシ使ってみて、その感想をまた書こうと思います。

満足度:★★★★★★

安価でコストパフィーマンスの良いAnkerのBluetoothイヤホン「Soundcore Spirit」


イヤホンはすべてワイヤレスにしようと、以前買ったJBLの「TUNE205BT」に続いてAnkerのBluetoothイヤホン「Soundcore Spirit」を買いました。
購入先はAmazonで価格は2,999円です。

 


同梱物は本体・ケース・サイズ別イヤーチップ・イヤーウィング・充電用USBケーブル。
この価格にしては付属品たっぷりです。

 


イヤホン部分は磁石がついていて、背面同士がくっつきます。
これ持ち運ぶ時などにすごく便利で、耳から外した時にはネックレス式に首にかけられます。

最初充電池はリモコン部分に組み込まれているかと思いましたが、おそらくこのイヤホン部分に入っていますね。
リモコン部分が重いと運動する時などにコードが引っ張られてイヤホンがずれますが、この構造だと安定します。
コードが一切ない完全独立型のBluetoothイヤホンと同じ構造かと思います。

 

コードには長さ調節ができるクリップ付いています。

 


リモコン部分は思っていた以上にしっかりした作り。
軽いながらもボタンはしっかりとしたクリック感があります。

 


充電はリモコン部分から。
満充電で最大8時間の連続再生が可能です。
さすがAnker、かなり持ちますね。

 


1ヶ月ほど使ってみた感想としては、この価格にしては非常に良くできています。
音は少しこもった感じですが許容範囲で、電池の持ちもよく、サイズ別のイヤーチップで耳にフィットし、防水・防汗で雨や運動時も安心。
以前買ったJBLの「TUNE205BT 」と比べると、ほぼ同価格なのに設計思想や質感が一レベル上といった感じです。

自分としてはカナル型はランニング時に使えないのが惜しいところで、ランニングする時は「TUNE205BT 」を使っています。
ただ「TUNE205BT」は防水・防汗ではないので、推奨されない使い方だと思います。

今回の製品、文句なしの最高得点を付けようと思ってここまで書いてきましたが、Amazonのレビューを改めて見返してみると、突然大音量になる現象に遭遇している方がかなりいるようですね。
鼓膜が破れそうになるぐらい大きな音が突然鳴るとか、、これはちょっと怖いです。
とりあえず自分はまだこの不具合は出ていませんが、相当数出ているようなので、Anker社はなんらかの調査をした方がいいかもしれませんね。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★★

iPad Pro 10.5を手放してiPad mini2を引っ張り出してきたら、絶妙なサイズ感に感動した

先日書いた通り、iPad Pro 10.5を持て余していたわけですが、その後もどうにもこうにもしっくりいかなくてついに手放しました。

 


iPad Proがなくなって、ずっと使っていなかったiPad mini2をクローゼットの奥から引っ張り出してきました。

久しぶりに持って、その軽さに感動。
絶妙なサイズに感動。
取り回しの良さに感動。
処理の遅さには驚愕。

タブレットは、ネットをPCと同じ表示で見たい時とか、写真や動画を少し大きい画面で見たい時とか、本を少し大きい画面で読みたい時とかに活躍する、なくてもやっていけるけどあると便利なもの。

 

iPad Pro 10.5はもちろん、そのすべての操作をサクサクとこなしてくれますが、問題は大きさと重さ。
自分はケースとスマートキーボードを付けていたので、持つ時はMacBook12インチぐらいのサイズ感を感じていました。

 


それがiPad miniを持った感じだと、どちらかといえばiPhoneの方に近い。
無駄に振り回したくなるような軽さとサイズです。
iPhoneよりは大きい画面で、ノートPCよりはずっと取り回しが良くて、自分が一番タブレットに求めていたのはこれだったんだと気づきました。

iPad Pro 10.5はそのサイズや重さからノートPCを扱っているような感覚になって、それなのにノートPCよりもずっと操作性が悪い。
※マウス(ポインター操作)が使えない、文字変換が拙い、ウェブの細かい挙動がパソコンとは異なる、など。
このちぐはぐ感がずっと引っかかっていたんですね。
iPad Proはタブレットなのに、ノートPCと同じようなタスク処理を求めてしまうんです。価格的にも。

 


iPad miniは片手で操作できる絶妙なサイズで、ノートPCのようなタスク処理は求めない。
完全にインプット型デバイスとして割り切れます。

 


でもちょこと欲張って、Bluetoothキーボードを繋げて文章を書いてみたら、あら意外と快適。
ショートカットを使ってのコピペなんかもできちゃいますし、一体型じゃないから好きな距離で文字が打てます。
この組み合わせは知っていたのに何で今まで一度も試さなかったんだろう。
文章を書くだけだったら、折りたたみキーボードと組み合わせて出先なんかで活躍しちゃいますね。

しかし、いかんせんこれはiPad mini2。もう5年も前のデバイスです。
何をするにもカクカクして処理が遅く、日常的に使うのはかなり厳しいです。
買い替えたいですが、今売っているiPad mini4も3年前のデバイスで、どうも買う気が起きません。

今月中に新しいiPadが発売されるという噂がありますが、iPad miniの新型は出なそうです。
iPad miniがサイズと重さを変えずに全画面になって、処理が早くなって、Apple Pencilにも対応して、、なんてことになったら日本では売れそうな気がするんですけど、どうでしょう。
新しいの出て欲しいけど、出ないですよね〜たぶん。
iPad miniはアメリカなどでは不振のようですし、残念です。

ブルーライトカットメガネで目の疲れは軽減するのか

この世にスマホが登場してからというもの、まぁ〜目は酷使しています。
毎日スマホだけでなく、PC・タブレットも使っているのでなおさらです。
1日の大半が画面を見つめている時間。

 


そんなこんなでエレコムのブルーライトカットメガネを買ってみました。
ブルーライトカットメガネはたくさんの商品があって迷ったので、AmazonでAmazon’s Choiceになっていたものを。
型番は「OG-YBLC-W01BK」、価格は2,299円です。

 


中には布のケースも入っていました。

 


メガネはオーソドックスなデザインで、男女兼用です。
サイズは顔が大きめの自分でも大丈夫だったので、大半の人はきついということはないでしょう。

 


かけると世界はすべて薄黄色になります。
iPhoneでいうところの常時「Night Shift」モードです。
ブルーライトは約42%カット、UVは99.9%カット。

 


ブルーライトというのはLEDなどに含まれている強い光で、目に良くないとされていますね。
刺激が強くて夜は眠れなくなったり、逆に朝は目が覚める効果がある。
ただ、人体影響の詳細はまだこれからのようで、自分自身の感覚で判断するしかないです。

人体への影響というのは当然個人差があって、たとえばコーヒーで言うと、自分だと1日2杯ぐらいは飲むとリラックスでき、それ以上は気持ち悪くなります。
コーヒーは一昔前はガンの原因になるとされたこともありましたが、最近では1日何十杯飲んでも大丈夫とか、逆にガンを抑制する効果があるといったことも言われていてよくわかりません笑。

ブルーライトが「目に良い!」となることはないと思いますが、こういうものは研究結果が変わることもあるので、自分の体で判断していくしかないですね。

 


それでこのメガネをかけてみた効果は、なんとなくいいかな、というのが正直な感想です。
自分は画面を見続けて目が痛くなるといったことはあまりないのですが、疲れることはあって、その疲れがちょこっと軽減される気がします。
気がするというのはそれぐらいの効果しかないとも言えますが、気分は馬鹿にできません。

最近のパソコンやスマホには当然のようにブルーライトカット機能が搭載されているので、ブルーライトカット画面のまま使う方はメガネは必要ないですね。
しかし、通常の画面とブルーライトカット画面は色味がかなり変わるので、自分のようにちょこちょこ切り替えたい人はその都度切り替え操作が必要で、その操作に比べるとメガネをかける・はずすの動作の方が楽で自由度が高いです。

>>Amazon エレコム ブルーライトカットメガネ
満足度:★★★★★☆

iPad Pro 10.5を使い切りたい

iPad Pro 10.5というのはとても良くできた端末で、動作はサックサクで、スマートキーボードで文字が打て、Apple Pencilで字も絵も書ける。すごい。

しかし、買ってからというもの使いこなしている気がしません。
宝の持ち腐れ感がある。

 


今使っているマシンは、MacBook Pro 15インチ、Macbook 12インチ、iPad Pro 10.5。
MacBook Proはメインマシンで、ブログ更新などの軽い作業から画像処理や動画編集などの重い作業まで、あらゆる作業に使用しています。
Macbookは主に出先に持っていく用で、メールやブログ、画像処理までの軽い作業中心です。

そしてiPad Proは、ブラウジングしたり、電子書籍を読んだり、メモを取ったり、ブログを更新したりと、Macbook以上に活躍してもらう、はずでした。

 


持っているMacbookは初期のもので、処理がかなり遅いんです。
iPad ProはMacbookよりも処理が早くて携帯性もいいので、代替になってくれたら、いやそれどころかもうMacbook必要ないというところまで活用できたら嬉しかったのですが、そうはいきませんでした。

やっぱり一番大きいのはマウス(ポインター操作)が使えないこと。
処理の遅さを差し引いてもMacbookの方が作業がしやすい。
スマートキーボードを使ってショートカットを駆使すれば、結構快適に操作できるんじゃないかと期待していましたが、やはりマウス操作の方が圧倒的に楽ですね。

それと、iPad Pro+スマートキーボードの組み合わせでブログの更新をしようと思っていましたが、iPadはMacに比べて文字変換がイマイチで(Macでは Googleの日本語入力を入れています)、致命的なのはWordPressの投稿画面で矢印キーを押すとページダウンしてしまうこと。画面が下に飛ぶので、これは苦痛です。

専用のアプリを使えば操作しやすいんでしょうけれども、ブラウザから更新したい自分にはきついですね。
それと画面の大きさが最低でも12インチぐらいないと辛いのも分かりました。

 


先日記事にした通り、iPad Pro+Apple Pencilでプログラミングの勉強をし始めました。
ようやくこの組み合わせで活用する時が来たのです。

でもこれって、ノーマルのiPad+Apple Pencilでもできますよね。
現在発売されているProじゃない方のiPadでも、すでにApple Pencilに対応しています。
価格も37,800 (税別)〜と格安です。
いくらiPad Proのほうが遅延が少ないと言っても体感ではほとんど変わらさそうですし、解像度の違いも気になるほどではないです。

自分がiPad Proを買った時はノーマルのiPadがまだApple Pencilに対応していなかったので仕方ないとしても、結局この組み合わせを活用しだしたのは今ですし、そもそも勉強はコクヨのノート買ってやればよかったんじゃないかな。値段も1冊100円しないし。コクヨだよコクヨ。
いや、こういう考え方はやめよう。

 



メモ以外で使っている場面は、たまにネットを見るとか、たまに電子書籍を読むとか、たまにブログの冒頭部分だけ書くとか、そんな感じです。
ネットも電子書籍もほとんどiPhoneを使っちゃいますけども。

とにもかくにも、なんか持て余している気がするんです。
せっかくiPad Proを持っているので、もっとこう「おまえじゃなきゃできなかったぜ」的な活用の仕方がほしい。メモだけじゃ物足りない。

たまに触ってサックサクの動作に恍惚とする。そしてそっと置く。しばらく触らない。この繰り返し。
自分には贅沢すぎます。
この使い方だとノーマルのiPadで十分なんだよなぁ。

忘れられない味:マレーシアの都市イポーのもやしとチキン


今でも忘れられない味があります。
以前マレーシアのイポーという街で食べた、「もやし」と「チキン」。
これがま〜おいしかった。

 


イポーという街はもやしが特に有名という話は聞いていました。
そしてそのもやしと極旨チキンを出すお店があることも。

しかし日本での感覚ではもやしはあくまでももやしで、特にフィーチャーされることもなく、自分自信もまぁ食べるよぐらいなもんです。
でもイポーは通り道だし、ちょこっと寄ってみるかって感じで行きました。

 

行ったのはイポーの超有名店らしい「老黄(LOU WONG)」。
食事時でもないのに結構人が入っています。

 


それでこれがそのもやし。
日本のものより短くてぷっくりしてます。

 


これがチキン。

もやしを食べてみると、これがうんまい。
しゃきしゃきの歯ごたえに旨味があって、臭みがまったくない。(日本のもやしってちょっと独特の臭みがありますよね、特に安いやつ)

チキンを食べてみると、これがまたうんまい。
ぶりんぶりんでジューシー。ただ蒸すだけだけではこうはならないんじゃないだろうか。
蒸し鶏っぽいけどもっとなめらかっちゅう感じ。キシキシしない。

そして両方に使われているこのタレが超絶品です。
色が濃いからしょっぱそうだけど、まったくそんなことはなく、コクがあって旨みがある。
日本の調味料では例えられないですね。それはそうですね、外国の調味料ですからね。
タレだけをずっとなめていられます。

いや驚きました。うますぎました。

 


↑イポーでは他のお店でもチキンともやしを目玉にしています。
でもやっぱり「老黄(LOU WONG)」には敵いませんでした。
どこもかなり美味しいんですけどね。旨みがもう一声という感じです。

 


マレーシアの食事は美味しいと聞いていて、特にペナンが美味しいという声が多くて行って食べてみたのですが、う〜ん美味しいけど台湾のほうが上かな〜なんて思っていた頃に、イポーで出会った「老黄(LOU WONG)」のもやしとチキン。
やられました。

有名店に行くと「美味しいけどそこまでではないな」と感じることも多いのですが、この有名店は本当にうまかった。
これを食べるためだけにまたイポーに行ってもいい。
どうかその時まで同じ味でありますように。

満足度:★★★★★★