Latest Posts

アイリスオーヤマの取っ手のとれるフライパン・鍋セットを買う

フライパンや鍋は焦げつきとの戦いで、どんな商品も初めは快適に使えるものの、段々と表面が消耗してくっつきやすくなります。
今回フライパンと鍋を一気に入れ替えようと、アイリスオーヤマの取っ手のとれるフライパン・鍋12点セットを買いました。
こちらはAmazon限定商品で、価格は9,145円です。

 


セット内容は、フライパンが26cmの通常のもの・26cmの深いもの(見辛いですが2枚重なっています)・20cmのもの、鍋が20cmのもの・16cmのもの、ふたが26cmのもの・20cmのもの・16cmのもの、ポリエチレンふたが20cmのもの・16cmのもの、マルチハンドル2個。

IHやガス火だけでなく、オーブンでの調理も可能です。

 


この取手が取れる鍋・フライパンシリーズはティファールが有名ですが、アイリスオーヤマの方がセット内容が良かったのと、価格が若干安かったのでこっちにしました。

 


ハンドルの付け方は、鍋の縁に当てた後「あける」位置から「PUSH」位置までレバーを回し、さらに「しめる」位置まで回して強く固定します。
外す時は「PUSH」位置までレバーを回し、下の「PUSH」ボタンを押すとパカッと外れます。

 


付ける時の「PUSH」→「しめる」に回す動作が結構かたいのですが、「しめる」ぴったりにまで回さなくても固定されるので、軽くしめるぐらいで使っちゃってます。

 


ハンドルを付けるとこんな感じ。

 


肝心の鍋とフライパンの性能は最高で、1ヶ月ぐらい使っていてくっつく感覚は皆無です。

これまでちょっといいフライパンを使おうと、柳宗理の鉄フライパンケヴンハウンの白いフライパンを買いましたが、いずれもくっつきが発生し、料理どころではなくなってしまいました。
調理の工程に「はがす」という作業が加わるのはもうこりごりです。

今回買ったものはフッ素樹脂の中に人工ダイヤモンドの粉をまぶした「ダイヤモンドコーティング」が施されており、これによってこびりつきにくく、丈夫で長持ちと謳われています。
できればフッ素を使っていないものを選びたいところですが、それ以外でくっつかないものが見当たらず、、という感じです。

 


今回初めて取っ手が取り外せるものを使ってみて、こんなに便利なものかと感動しました。
シンクに置くときも取っ手を外せば場所を取らず、しまう時も場所を取らず、さらに重ねることができます。
これはもう戻れないやつです。

 


それとこのポリエチレンのふたが良いアイデア製品で、残り物をお皿に移さなくても蓋をしてこのまま冷蔵庫に入れられます。
これも取っ手が外せる鍋ならではですね。

 


懸念していたのは取っ手の付け外しによる鍋の塗装剥がれで、これはやはり起こります。
しかし調理に関係のない上部の角部分のみなので、さほど気になりません。
あとは耐久性ですね。

今回買ったのは12点セットで、深いフライパンだけは要らないな〜と思っていたところ、鍋料理をやるときにぴったりでした。(取っ手が外せるから鍋っぽく使える)
以前買ったstudio CLIPの土鍋は落として真っ二つに割れてしまったので、代替品ができてよかった。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★★

組み立てが簡単なクイックキャンプのワンタッチスクリーンタープを買う

ちょこっとアウトドアを楽しもうとスクリーンタープを買いました。
テントやタープは立てた経験がないのと、かなりの面倒くさがり屋なので組み立てが簡単なワンタッチのもの。

 


買ったのはクイックキャンプのワンタッチスクリーンタープです。
型番はQC-ST300、色はグレー。
サイズは一辺が約3mの正方形で高さが約2.1mと結構大きいものです。
価格はAmazonで13,800円でした。

 


組み立ては非常に楽。
初めてでも簡単に立てられました。

 


まず袋から出し、

 


折りたたみ傘のようにたたまれている脚を広げて、

 


上部の紐を引っ張って上下のパーツをはめます。

 


4本の脚をカチッとロックされるまで伸ばします。

 


終了です。
タープは四方すべてがメッシュとなっており、目隠しのスクリーンが付いています。
メッシュは2箇所巻き上げ可能で、スクリーンはすべて巻き上げられます。

 


脚の部分はペグが打てるようになっており、さらに固定できるロープも付いています。
ペグは商品に付属していますが、かなり安っぽいものなのですぐ曲がります。

 


タープの床面にはグランドシートは付いていないので、別途用意。
Amazonでキャプテンスタッグのキャンピングフロアマットを買いました。
サイズは260×260cmでしたが、ちょうどよい感じです。

 


上にもう一枚シートをのせます。

 


お座敷スタイル。

 


中は広くてメッシュにすれば風が抜け、かなり快適です。
アウトドアは虫との戦いもありますが、きちんと閉めればまったく入ってきません。
大きな蚊帳のようなものです。

このタープで宿泊する時は、コットのような折りたたみベッドがあるといいかもしれませんね。
自分は主にデイキャンプなどで使って、泊まる時は車中泊にしようと思っています。

 


メッシュは細かいので小さな虫も入れません。

 


たまたま雨が降ってきて耐水テストができました。
雨漏りはなく、よく弾きます。

 


唯一の不満はこの脚のロック部分で、一箇所なかなかはまらず苦労しました。
使っていくうちにロックされなくなるんじゃないかと心配です。

 


このタープ、組み立てや片付けが本当に楽で満足しています。
手間をかけたくない人にぴったりです。

ちなみに、商品が届いた日に我慢できずに家の中で組み立てたら、サイズが大きすぎて狭い家ではギリギリアウトでした。
なんか脚が曲がっちゃいけない角度に曲がっていたような。
家の中での組み立ては大きな家の人のみ可です。

>>Amazonで購入
満足度:★★★★★☆

万能調味料の王様と言われる「黒瀬のスパイス」を味わう


万能調味料の王様と言われる「黒瀬のスパイス」を買ってみました。

「黒瀬のスパイス」は、1950年創業の鶏専門店かしわ屋くろせが作っているスパイス。
福岡県北九州市のお店です。
肉や野菜など、どんな料理にでも合うと評判ですね。
価格はAmazon929円。

 


原材料を見ると、塩や胡椒をはじめ、様々なスパイスが入っています。

 


これ、使ってみるとその名の通り万能で、ほとんどの料理に合います。
かけると塩味と辛味と旨味がプラスされ、ちょっとジャンクな感じになる。
病みつきになる人が多いのもわかります。

もちろん、かけすぎると「黒瀬のスパイス」味オンリーになるのと、ガーリックとアミノ酸等(化学調味料)が効いているので、もたれる可能性もあります。

>>Amazonで購入
満足度:★★★★★☆

機内持ち込み手荷物の重さを量るためにモバイル計量器を買う

最近の旅行はLCCを利用することが多く、荷物はすべて機内に持ち込みます。
(LCCでは預け手荷物は有料なので)

多くのLCCでは機内持ち込み手荷物の上限は7kgで、様々なものがコンパクトになった今の時代だと、これを超えることはほとんどありません。
が、結構ギリギリなことも数回あって、そのたびに計量器を買おうと思っていました。

 


それでようやく買いました。
ものはAmazonで一番売れていたMYCARBONの商品。
価格は1,199円です。

 


使い方は、電源を入れて下に付いているバンドで荷物を吊り下げるだけ。

 


電池はボタン電池。
最初は下にビニールが挟まっているのでこれを取ります。

 


荷物を引っ掛けて早速計測。

 


指で持ち上げて、水平にすると正確に量れるようです。
正確性を検証するため、家にあった他の計量器と比べてみたところ、概ね同じ数字となりました。(違いは10g)
かなり正確だと思います。

 


計量器の重さは約98gなので負担になりません。
計量能力としてはgとkgの単位で量れ、上限は50kg、下限は10gです。

 


持ち運ぶ時は下のバンド部分がちょっと邪魔なので、安いペラッペラのものでいいから収納袋がついていたら文句なしでした。

旅行ではお土産を買うことが多いので、帰りの手荷物は重くなりがちです。
これまで帰りの手荷物は持った感じの己の勘のみに頼っていて、空港でチェックインする際に量られる時はドキドキしていました。勘は結構あっていたのでなんとかなりましたが。

今回からこれで量りまくれるので安心して行けます。
ただ、誤差が結構あると言う人もいるので、最低でも300gぐらいは余裕をもたせようと思います。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★☆

電子書籍はiPhoneとiPad miniで読んできたが、ここにきてKindle Paperwhiteを買った

電子書籍はもっぱらAmazonから買っています。
読むにはiPhoneとiPad miniを使っており、これまでこの2つで特に不都合はありませんでしたし、端末を増やしたくないということもあってKindle端末はスルーしてきました。
が、それでも気になるKindle Paperwhite。
電子ペーパー技術や目に優しい画面には惹かれます。

 


ということで、年一回のプライムデーで6,000円引きになってるタイミングで買いました。
モデルは容量32GB、広告なし、Wi-Fi専用。
通常価格は17,980円ですが、セールで11,980円です。

 


第一印象で驚いたのは、画面ではなくその軽さ。
とっても軽い軽い。
片手でつまむようにして持っても疲れません。
重さは182gです。

 


iPad miniとの比較。
画面サイズはiPad miniが7.9インチ、Kindle Paperwhiteが6インチです。
こうやって見るとKindle Paperwhiteはかなり小さいですね。

 


肝心の画面は、これはもう文句なしに綺麗です。
高解像度で読みやすく、よく「紙に書かれているように見える」と言われますが、それも納得です。

 


使っていて感じたのは、このサイズ感が一番有効なのは漫画を読む時、ということ。
iPhoneでは文字が小さすぎて読めないことがあるし、iPad miniでは大きさは読みやすいものの、ずっと持っていると疲れる。
Kindle Paperwhiteは過不足ないサイズでジャストフィットという感じです。
※たまに字が小さすぎる漫画もあって拡大することもあり

 


サイズ感だけでいうと、小説などの本を読む場合はiPhoneでも十分です。
そして、雑誌は当然iPadの方が読みやすい(そもそもKindle Paperwhiteは白黒になっちゃうので味気ない感じになる)。

でも、夜寝る時など暗い場所では、この目に優しいフロントライトの電子ペーパー画面はすごくいいですね。
バックライトとは違ってスマホやタブレットのように光が目に向かってこず、疲れにくい。
そして脳が覚醒すると言われているブルーライトはゼロです。

自分は寝る前に読書することが多いので、これは良かった。
あと、防水なのでお風呂で読めるのもポイントが高い。

 


残念だったポイントは、まず動作が遅すぎる。
本もライブラリもページ移行動作がとてももっさりしているので、移行中に今日の晩御飯のこととか考え始めちゃう。
例えるなら初期のAndroidスマホのようです。

それと、ホーム画面やらライブラリやらの画面が見辛い。
一覧性に乏しく、本を探すのにも一苦労なので、このUIはぜひ改善してほしい。
iPhoneやiPadのKindleアプリもあまり見やすくはないけれど、これに比べたら10倍マシです。

あと、電源ボタンが下についているのも嫌。
お風呂で立て掛けた時とかに押されて電源が消えちゃうので。

 


Kindleの端末は、読書が大好きな人はすぐに買っているだろうし、本を読まない人は買うはずないし、買うか迷うというのは“そこそこ”本を読むという人ですよね。

自分はそこそこ本を読みますが、買ってよかったことは間違いありません。
目に優しいし、読書に集中できるし、漫画も読みやすくなった。
ただ、必要最小限のもので生活しようとしているの中で、端末が増えてしまったことだけがちょこっと残念。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★☆

付録につられて初めて付録付き雑誌を買う


付録付きの雑誌ってよく売られていますよね。
女性向けのものに多いですが、今回は男性向け(?)の雑誌の付録が付いており、これにつられて初めて買ってみました。
雑誌は「MonoMax(モノマックス) 2019年9月号」です。
価格は980円。Amazonではこちら

 


付録はIncase(インケース)の万能ケースです。
Incaseって、結構有名なバッグブランドですよね?
付録もここまできましたか。

 


バッグの全体像。

 


上部にIncaseのロゴ。

 


取っ手部分。

 


中は細かく区切られた収納ポケットがたくさん。
この収納ポケットの多さに惹かれて買いました。

 


片方には13インチまでのパソコンが入ります。

 


もう片方にはコード類やらモバイルバッテリーやらペンやらを分けて収納可能。
A4のファイルも収納できます。

 


質感としては、980円の雑誌の付録なだけに安っぽさは否めません。
生地も薄くペラペラしているので、パソコンを直に入れるのは厳しいです。
それでも小分け収納としては優秀なので、カバーを付けたタブレットやKindle、コード類やペンなどを入れるのに重宝しそうです。
価格を考えると満足できるモノです。

現在使っているバッグのポケットが少ないので、これをバッグインバッグとして使っていく予定です。

満足度:★★★★★☆