Latest Posts

ブルーライトカットメガネで目の疲れは軽減するのか

この世にスマホが登場してからというもの、まぁ〜目は酷使しています。
毎日スマホだけでなく、PC・タブレットも使っているのでなおさらです。
1日の大半が画面を見つめている時間。

 


そんなこんなでエレコムのブルーライトカットメガネを買ってみました。
ブルーライトカットメガネはたくさんの商品があって迷ったので、AmazonでAmazon’s Choiceになっていたものを。
型番は「OG-YBLC-W01BK」、価格は2,299円です。

 


中には布のケースも入っていました。

 


メガネはオーソドックスなデザインで、男女兼用です。
サイズは顔が大きめの自分でも大丈夫だったので、大半の人はきついということはないでしょう。

 


かけると世界はすべて薄黄色になります。
iPhoneでいうところの常時「Night Shift」モードです。
ブルーライトは約42%カット、UVは99.9%カット。

 


ブルーライトというのはLEDなどに含まれている強い光で、目に良くないとされていますね。
刺激が強くて夜は眠れなくなったり、逆に朝は目が覚める効果がある。
ただ、人体影響の詳細はまだこれからのようで、自分自身の感覚で判断するしかないです。

人体への影響というのは当然個人差があって、たとえばコーヒーで言うと、自分だと1日2杯ぐらいは飲むとリラックスでき、それ以上は気持ち悪くなります。
コーヒーは一昔前はガンの原因になるとされたこともありましたが、最近では1日何十杯飲んでも大丈夫とか、逆にガンを抑制する効果があるといったことも言われていてよくわかりません笑。

ブルーライトが「目に良い!」となることはないと思いますが、こういうものは研究結果が変わることもあるので、自分の体で判断していくしかないですね。

 


それでこのメガネをかけてみた効果は、なんとなくいいかな、というのが正直な感想です。
自分は画面を見続けて目が痛くなるといったことはあまりないのですが、疲れることはあって、その疲れがちょこっと軽減される気がします。
気がするというのはそれぐらいの効果しかないとも言えますが、気分は馬鹿にできません。

最近のパソコンやスマホには当然のようにブルーライトカット機能が搭載されているので、ブルーライトカット画面のまま使う方はメガネは必要ないですね。
しかし、通常の画面とブルーライトカット画面は色味がかなり変わるので、自分のようにちょこちょこ切り替えたい人はその都度切り替え操作が必要で、その操作に比べるとメガネをかける・はずすの動作の方が楽で自由度が高いです。

>>Amazon エレコム ブルーライトカットメガネ
満足度:★★★★★☆

iPad Pro 10.5を使い切りたい

iPad Pro 10.5というのはとても良くできた端末で、動作はサックサクで、スマートキーボードで文字が打て、Apple Pencilで字も絵も書ける。すごい。

しかし、買ってからというもの使いこなしている気がしません。
宝の持ち腐れ感がある。

 


今使っているマシンは、MacBook Pro 15インチ、Macbook 12インチ、iPad Pro 10.5。
MacBook Proはメインマシンで、ブログ更新などの軽い作業から画像処理や動画編集などの重い作業まで、あらゆる作業に使用しています。
Macbookは主に出先に持っていく用で、メールやブログ、画像処理までの軽い作業中心です。

そしてiPad Proは、ブラウジングしたり、電子書籍を読んだり、メモを取ったり、ブログを更新したりと、Macbook以上に活躍してもらう、はずでした。

 


持っているMacbookは初期のもので、処理がかなり遅いんです。
iPad ProはMacbookよりも処理が早くて携帯性もいいので、代替になってくれたら、いやそれどころかもうMacbook必要ないというところまで活用できたら嬉しかったのですが、そうはいきませんでした。

やっぱり一番大きいのはマウス(ポインター操作)が使えないこと。
処理の遅さを差し引いてもMacbookの方が作業がしやすい。
スマートキーボードを使ってショートカットを駆使すれば、結構快適に操作できるんじゃないかと期待していましたが、やはりマウス操作の方が圧倒的に楽ですね。

それと、iPad Pro+スマートキーボードの組み合わせでブログの更新をしようと思っていましたが、iPadはMacに比べて文字変換がイマイチで(Macでは Googleの日本語入力を入れています)、致命的なのはWordPressの投稿画面で矢印キーを押すとページダウンしてしまうこと。画面が下に飛ぶので、これは苦痛です。

専用のアプリを使えば操作しやすいんでしょうけれども、ブラウザから更新したい自分にはきついですね。
それと画面の大きさが最低でも12インチぐらいないと辛いのも分かりました。

 


先日記事にした通り、iPad Pro+Apple Pencilでプログラミングの勉強をし始めました。
ようやくこの組み合わせで活用する時が来たのです。

でもこれって、ノーマルのiPad+Apple Pencilでもできますよね。
現在発売されているProじゃない方のiPadでも、すでにApple Pencilに対応しています。
価格も37,800 (税別)〜と格安です。
いくらiPad Proのほうが遅延が少ないと言っても体感ではほとんど変わらさそうですし、解像度の違いも気になるほどではないです。

自分がiPad Proを買った時はノーマルのiPadがまだApple Pencilに対応していなかったので仕方ないとしても、結局この組み合わせを活用しだしたのは今ですし、そもそも勉強はコクヨのノート買ってやればよかったんじゃないかな。値段も1冊100円しないし。コクヨだよコクヨ。
いや、こういう考え方はやめよう。

 



メモ以外で使っている場面は、たまにネットを見るとか、たまに電子書籍を読むとか、たまにブログの冒頭部分だけ書くとか、そんな感じです。
ネットも電子書籍もほとんどiPhoneを使っちゃいますけども。

とにもかくにも、なんか持て余している気がするんです。
せっかくiPad Proを持っているので、もっとこう「おまえじゃなきゃできなかったぜ」的な活用の仕方がほしい。メモだけじゃ物足りない。

たまに触ってサックサクの動作に恍惚とする。そしてそっと置く。しばらく触らない。この繰り返し。
自分には贅沢すぎます。
この使い方だとノーマルのiPadで十分なんだよなぁ。

忘れられない味:マレーシアの都市イポーのもやしとチキン


今でも忘れられない味があります。
以前マレーシアのイポーという街で食べた、「もやし」と「チキン」。
これがま〜おいしかった。

 


イポーという街はもやしが特に有名という話は聞いていました。
そしてそのもやしと極旨チキンを出すお店があることも。

しかし日本での感覚ではもやしはあくまでももやしで、特にフィーチャーされることもなく、自分自信もまぁ食べるよぐらいなもんです。
でもイポーは通り道だし、ちょこっと寄ってみるかって感じで行きました。

 

行ったのはイポーの超有名店らしい「老黄(LOU WONG)」。
食事時でもないのに結構人が入っています。

 


それでこれがそのもやし。
日本のものより短くてぷっくりしてます。

 


これがチキン。

もやしを食べてみると、これがうんまい。
しゃきしゃきの歯ごたえに旨味があって、臭みがまったくない。(日本のもやしってちょっと独特の臭みがありますよね、特に安いやつ)

チキンを食べてみると、これがまたうんまい。
ぶりんぶりんでジューシー。ただ蒸すだけだけではこうはならないんじゃないだろうか。
蒸し鶏っぽいけどもっとなめらかっちゅう感じ。キシキシしない。

そして両方に使われているこのタレが超絶品です。
色が濃いからしょっぱそうだけど、まったくそんなことはなく、コクがあって旨みがある。
日本の調味料では例えられないですね。それはそうですね、外国の調味料ですからね。
タレだけをずっとなめていられます。

いや驚きました。うますぎました。

 


↑イポーでは他のお店でもチキンともやしを目玉にしています。
でもやっぱり「老黄(LOU WONG)」には敵いませんでした。
どこもかなり美味しいんですけどね。旨みがもう一声という感じです。

 


マレーシアの食事は美味しいと聞いていて、特にペナンが美味しいという声が多くて行って食べてみたのですが、う〜ん美味しいけど台湾のほうが上かな〜なんて思っていた頃に、イポーで出会った「老黄(LOU WONG)」のもやしとチキン。
やられました。

有名店に行くと「美味しいけどそこまでではないな」と感じることも多いのですが、この有名店は本当にうまかった。
これを食べるためだけにまたイポーに行ってもいい。
どうかその時まで同じ味でありますように。

満足度:★★★★★★

iPad Pro+Apple Pencilでガシガシ書いてみる


もともと絵を書くためではなくメモに使おうと思って買ったApple Pencilですが、もっぱらブラウジングにしか使っていませんでした。
タブレットって指でタッチするよりペンを使ったほうが楽なんですね。
しかし買ってからあまり出番がなかったApple Pencil、ようやく本格的な出番です。

 


ずっとプログラミングの勉強をしたいと思っていて、これまで本を読んだり動画を見たりしてきましたが、このポンコツの頭にはまったく入ってきません。

どうしたもんかなーと思っていましたが、もうこれ手で書きまくって覚えるしかないんじゃないのってことで、それならばiPad Pro+Apple Pencilで無限にできると。

かつては勉強といえばノートに書いて覚えてきたものの、最近はPCやスマホでしか文字を打ちません。
ここで初心に返って手書きでお勉強です。

 


勉強に使うメモアプリは「Noteshelf 2」。
メモアプリは様々なものがありますが、機能的にはどれも多機能で甲乙つけがたく、デザインのみでこれに決めました。
価格は1,200円でちょっと高かった。

で、書きまくってみた感想としては、
・思っていたよりは遅延が分かる(わずかですが)
・陶器でガラスに書いているような感覚で、アナログのノート+ペンと比べると間接的な感じ
・Apple Pencilすぐ電池なくなる
・書き直しがすんごく楽
・書いた部分をカット&ペーストできるので整理整頓が楽
・無限に書ける

昔、iPad miniと安いペンの組み合わせでメモを書いたことがありましたが、それと比べると雲泥の差ですね。多少の違和感はありながらも慣れて普通に書いていけます。
Apple Pencilの電池がすぐになくなる問題は、充電も早いのでなんとかなります。

 

「Noteshelf 2」のペーパー種類の紹介。

 

無料の会員になると様々なカバーとペーパーを追加でダウンロードできます。
追加できるペーパーは、ミーティングノート、ダイアリー、トラベルノート、グラフ用紙など。
色々な用途に使えますね。

さて、肝心な勉強の方は、まだまったく頭に入ってきていません。
例えるなら東京ドームにボールが1個追加されたぐらいでしょうか。
満杯になるまでには程遠い。

プログラミングできる人って皆天才なんじゃないですかね。
高校の数学のテストで人生初の0点を取って以来(もちろん全力投球)、理系に関することは一切触れていないんですが、、、まあでもやればできると信じてやるしかないですね。

それと、手で書いていてもっと深刻なことに気づきました。
漢字がまったく書けなくなってます。
いや、漢字だけじゃなくて平仮名さえも。
「お」を「あ」と書いた時はもうどうしようかなって。なんか全部やめちゃおうかなって。

 


とりあえず漢字のお勉強も追加です。

家での運動用にヨガマットを買う


運動は週4ぐらいでランニングをしてるのですが、雨が降ったり家での用事があったりすると走りに行けないので、そんな時は家でヨガをしようとマットを買いました。

買ったのは「Reodoeer ヨガマット ケース付 厚さ10mm」。
Amazonで探したら種類がたくさんあってどれが良いか分からなかったので、 Amazon’s Choiceとなっていたこちらにしました。
価格は1,790円です。

 


表側は溝状になっていてふかふかしています。

 


裏はゴムっぽい感じで滑りません。

 


縦の長さは183cmで、ほとんどの人が横になれる大きさですね。写真に収まりません。
横幅は61cm、厚さは1cmです。

 


厚さはもう少し薄いものも売っていて、そちらの方がかさばらなくていいかなと思いましたが、これぐらいあった方がクッション性が良くて使いやすいですね。
1cmより薄いと痛いかも知れません。

 


巻いた状態で止めるゴムバンドも付いています。

 


止めるとこんな感じに。
マットは巻けばその状態でキープされるので、これは使っていません。
丸めたり広げたりするのももう慣れて、ばっと広げてぐるぐる巻いてと、ラフに扱っています。

 


このマットを買ってから1ヶ月ぐらい経ちますが、まだヨガはやっておらず、腹筋とか背筋とかのトレーニング時に使っています。
これまで床でやっていたので、マットのおかげでものすごくやりやすくなりました。
余計な痛みに邪魔されず集中できますね。

運動は歳を重ねるごとにどんどん重要になってきていて、最近は少し体を動かさないとすぐ体力が落ちます。20代前半までの、何もしないでも動き回れた頃とは違います(笑)

今はランニングと軽い筋トレだけやっていますが、このところ柔軟も同じぐらい重要だと感じていて、それでヨガをやろうと思いました。
勝手なイメージで、ランニングや筋トレで鍛えたとしても血流が良くなければダメなのではないかと。
ヨガをやれば体が柔らかくなって血流も良くなるんじゃないかと。

ランニングで心肺機能を高め、筋トレで筋力を高め、ヨガで血流を良くする。
これで完璧です。(あくまでイメージ)
ヨガ、早くやります。

>>Amazon Reodoeer ヨガマット
満足度:★★★★★☆

外出先などで手荷物をかけるフック

レストランやカフェなどに行った時に、荷物置きのない狭い席になると手荷物の置き場に困りますよね。
床に置くのも汚れそうで嫌だし、膝の上に乗せるのもジャマだし。
Amazonで調べていたら、携帯用の荷物フックを見つけました。


商品は「リヒトラブ バッグハンガー A7595-16 」。
この手の商品はいくつか種類があったのですが、安いものが良かったのでこれを購入。
350円です。

 


作りはシンプルで、サイズもあまり大きくありません。
長さは10cmぐらいです。

 


可動するのはテーブルに設置する面だけです。
携帯用にはもう一段階折り畳めたら良かったです。

 


テーブル接地面は滑りにくい素材。

 


カバンをかけるとこんな感じです。
重さが5kgまでの荷物に対応しています。

これ、見つけた時は「すごく便利なものを発見した!」と感動していたのですが、皆さん結構当たり前のように使っているんですね。。

バッグに1つ入れておくと本当に便利ですね。
買ってからいつも持ち歩いています。

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★☆