iPad Airでの描き心地アップのためApple Pencil第2世代とペーパーライクフィルムを買う

漢字練習、英語練習、メモ、イラストなど、iPad Air 4でペンを使う機会が増えてきました。
これまではサードパーティーの安いペンとフィルムなしの画面で使ってきましたが、いかんせん描き心地がイマイチ。
ペンを画面に当てるとコツコツして滑りやすい。

描き心地をアップさせるためにApple Pencil第2世代とペーパーライクフィルムを買いました。

 


ペーパーライクフィルムはベルモンドのケント紙タイプ。
種類がありすぎてよく分からないので、Amazonで評判の良いものを買いました。
型番はIPDA4109PLK B0160。
価格はAmazonで1,480円。

 


貼るのに失敗したら1回交換してくれるという太っ腹サービス付き。

 


付属のウエスで画面を拭いて貼り付けます。

 


サイズはもちろんピッタリ。
表面は普通のフィルムよりザラザラしています。

 


目当ての描き心地の方はというと、これはめちゃくちゃ描きやすい!
適度な抵抗があって、変に滑らず、思ったように描ける。
貼らないのとは全然違います。

 


唯一の欠点は、画質が落ちるといいますか、ざらつきがはっきり見えること。
この写真ではちょっと分かりづらいので、分かりやすい画像を作ってみます。

 


こちらは擬似的に作った画像ですが、上が通常の画像、下がフィルムを貼った画像です。
フィルムを貼るとノイズが乗ったように見え、特に白背景の時に目立ちます。
動画などを見る時はあまり気になりません。

レビューでは「貼っても見え方はあまり変わらない」というものもあったのですが、明らかに変わります。
ノイジーになるので剥がすことも考えましたが、描き心地の良さをとって貼り続けています。
最近はこの見え方に慣れてきました。

 


Apple Pencil第2世代も購入。

 


これまで使っていたサードパーティーのペンとの比較。
サードパーティーのペンは、パームリジェクション機能はあるし、頭部分をタップすれば接続してくれるし、追従性も問題ないしと、3,000円という価格を考えると満足できる製品でした。

ただ、iPad Airにくっつけて充電したいのと、タップなしで使いたいという2つの理由で純正のものを買いました。
この2つの機能はペンを頻繁に使うようになるとどうしても欲しくなる機能です。

 


Apple Pencil第2世代、使ってみればすごくいい。
上記の2つの機能がやっぱり便利なのと、描き心地もサードパーティーのものより良い。
サードパーティーのものもペン先は純正と同じ素材を使っているのですが、純正の方がなめらかに描けます。
これは予想していなかった。

でも、価格が高い。
Amazonで約15,000円でした。
機能は素晴らしいけど高いな〜、高い。

 


ちなみに、iPad Airを購入してから始めたドラクエ8はクリアし、続けて大好きだった5へ。
見事にドラクエワールドにハマっております。
今のところApple Pencilを一番使っているのはドラクエ。

 

満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク