Skip to content

iPad Air用にちっちゃなトラックパッドがついたキーボードを買う


ちょっと面白い商品を見つけて購入。
買ったのはEwinのBluetoothキーボードで、小さなトラックパッドが付いています。
価格はAmazonで安くなっていて約2,000円でした。

 


このキーボードを買った理由は、トラックパッドが付いていたからのみ。
iPad Airと一緒に使ったら便利そうだなと。
小さいから使い勝手はイマイチだろうけど、ちょっとした操作ならできそうだし、キーボードに綺麗に収まっていて見た目がいいし、持ち運ぶ時もかさばらなさそう。

 


裏面。

 


横から。
多少傾斜がついています。

 


キーはとても安っぽくて、打った感じも軽くてチープ。
配列も少々特殊なんですけど、打っていると慣れてきます。

 


それで使った感想は想像通りだったんですが、唯一残念だったのは二本指でのスクロールが難しすぎるということ。
しっかり指を置いて、ゆっくり動かさないと機能しません。

 


自分、不器用なもんで、それもあると思うんですけど、器用な人でも結構難しいと思います。
長時間やってると指がプルプルしてきます。
なので、スクロールする際はスペースや矢印キーも併用しています。

1本指での操作は問題ないです。
このトラックパッドは多くの操作には対応していないので、できることは1本指でポインターを動かす、タップでクリック、二本指でスクロール、ですね。
二本指タップは右クリックになります。

 


電池は充電式で、端子は残念ながらmicro USB。
端末との接続は一度ペアリングすれば次からは電源を入れるだけで自動でつながります。

 


この接続がすごく良くて、iPadがスリープしていても電源を入れるとつながり、ポインターが自動で現れます。
楽ですね。

 


iPadのトラックパッド付きキーボードは定期的に欲しくなるんですけど、本格的には使わないことがわかっているので、お遊び程度に使うにはこれは良い商品でした。
タイピングは問題なくできますし、ポインターが使えるだけでも利便性は上がります。
iPadでExcelなんかをやる人にもいいかもしれません。

この記事はiPad Air +このキーボードで書いたんですけど、やっぱりMacBookと比べると書きにくいですね。
それはキーボードのせいだけでなく、ソフトの挙動もMacの方が優れているからで、ここが同じになった時にようやく、iPadでも本格的にブログが書けるかな。

 

>>Amazonで購入
満足度:★★★★☆☆