iPad Pro+Apple Pencilでガシガシ書いてみる


もともと絵を書くためではなくメモに使おうと思って買ったApple Pencilですが、もっぱらブラウジングにしか使っていませんでした。
タブレットって指でタッチするよりペンを使ったほうが楽なんですね。
しかし買ってからあまり出番がなかったApple Pencil、ようやく本格的な出番です。

 


ずっとプログラミングの勉強をしたいと思っていて、これまで本を読んだり動画を見たりしてきましたが、このポンコツの頭にはまったく入ってきません。

どうしたもんかなーと思っていましたが、もうこれ手で書きまくって覚えるしかないんじゃないのってことで、それならばiPad Pro+Apple Pencilで無限にできると。

かつては勉強といえばノートに書いて覚えてきたものの、最近はPCやスマホでしか文字を打ちません。
ここで初心に返って手書きでお勉強です。

 


勉強に使うメモアプリは「Noteshelf 2」。
メモアプリは様々なものがありますが、機能的にはどれも多機能で甲乙つけがたく、デザインのみでこれに決めました。
価格は1,200円でちょっと高かった。

で、書きまくってみた感想としては、
・思っていたよりは遅延が分かる(わずかですが)
・陶器でガラスに書いているような感覚で、アナログのノート+ペンと比べると間接的な感じ
・Apple Pencilすぐ電池なくなる
・書き直しがすんごく楽
・書いた部分をカット&ペーストできるので整理整頓が楽
・無限に書ける

昔、iPad miniと安いペンの組み合わせでメモを書いたことがありましたが、それと比べると雲泥の差ですね。多少の違和感はありながらも慣れて普通に書いていけます。
Apple Pencilの電池がすぐになくなる問題は、充電も早いのでなんとかなります。

 

「Noteshelf 2」のペーパー種類の紹介。

 

無料の会員になると様々なカバーとペーパーを追加でダウンロードできます。
追加できるペーパーは、ミーティングノート、ダイアリー、トラベルノート、グラフ用紙など。
色々な用途に使えますね。

さて、肝心な勉強の方は、まだまったく頭に入ってきていません。
例えるなら東京ドームにボールが1個追加されたぐらいでしょうか。
満杯になるまでには程遠い。

プログラミングできる人って皆天才なんじゃないですかね。
高校の数学のテストで人生初の0点を取って以来(もちろん全力投球)、理系に関することは一切触れていないんですが、、、まあでもやればできると信じてやるしかないですね。

それと、手で書いていてもっと深刻なことに気づきました。
漢字がまったく書けなくなってます。
いや、漢字だけじゃなくて平仮名さえも。
「お」を「あ」と書いた時はもうどうしようかなって。なんか全部やめちゃおうかなって。

 


とりあえず漢字のお勉強も追加です。




スポンサーリンク