iPhoneのカメラレンズキット

iPhoneでそこそこの写真が撮れるようになってからデジカメの出番はめっきり減り、昨年カメラは全て手放してしまいました。
iPhoneとカメラ両方を持ち歩くのが億劫で、持ち歩いたとしてもカメラをバッグから取り出すのが億劫で、撮るのは結局iPhoneだけという生活になりました。

今回iPhoneのカメラをちょっと強化しようとカメラレンズキットを購入。
購入したのは「TaoTronics カメラレンズキット クリップ式 3点セット(魚眼、マクロ、0.4倍広角レンズ) 」です。Amazonでベストセラー1位になっていたのでこちらを。
型番はTT-SH014、価格は約1,600円でした。

 

入っていたのは、広角レンズ1つ、魚眼レンズセット(マクロレンズ含む) 1つ、クリップ、ポーチ、クリーニングクロス。

 

レンズは左の魚眼レンズセット1つと右の広角レンズ1つ。
左の魚眼レンズセットにはマクロレンズが合体していて、外せます。

 

マクロレンズをクリップにつけるとこんな感じ。

 

広角レンズをクリップにつけるとこんな感じ。

 

レンズをiPhoneにつけるとこんな感じです。
カメラとレンズの位置を合わせるのは、カメラアプリを起動させて画面を見ながら調整します。
ケラレない位置に合わせるのは結構難しいです。

 

まずはマクロレンズで、私の人生の中で一番美味しいアメであるパインアメを撮ります。
話は脱線しますが、このアメ本当に美味しくて、ここ数年ずっと飽きずに食べています。
パイン株式会社のものです。

話は戻って、上記はレンズを付けていない状態。
近すぎて上部の文字にはピントが合っていません。失敗ですね。

 

マクロレンズを付けるとこんな感じに。
かなり寄れますが、画質は結構落ちます。

 

次は広角レンズを試します。
これは何も付けていない状態。

 

広角レンズを付けて撮るとこんな感じに。
広く撮れますが、外側はかなりゆがんで画質が落ちます。

マクロにしても広角にしても、寄れたり広く撮れる分、どうしても画質は犠牲になりますね。
安いレンズなので値段相応です。
それは分かった上で購入したのですが、いざ使ってみると思った以上にそれが気になってしまいました。
レビューの評価は高いので、割り切って使える方にはいい商品なんだと思います。

TaoTronics カメラレンズキットクリップ式 スマホレンズ3点セット
満足度:★★☆☆☆☆




スポンサーリンク








Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+