iPhone用にMOFTのウォレットスタンドを買ったが使い方はまだ定まらない


最近は電子マネーが広まったこともあって、ちょこっと車で出かけるぐらいの時は財布が必要なくなりました。
それでも免許証は持っていかなければならなくて、スマホにつけられたら便利だなと思ってウォレットケースを買いました。
買ったのはMOFTのウォレットスタンド。
スタンド機能もあったらあったで便利そうということで。
価格はAmazonで3,180円。色はブルー。

 


今回買ったウォレットスタンドはMagSafe対応のもの。
iPhoneのケースはApple純正のMagSafe対応シリコーンケースを使っているので、きちんとくっつきます。

 


免許証を入れてみると、結構きつめ。
1枚でも落ちる心配はないです。

 


クレジットカードも入れたらもうパンパン。
こういうのは3枚入ると言われても大体2枚が限度ですね。
あとお札1枚ぐらいなら入ります。

 


縦に立てるのは問題なし。

 


横にすると、iPhone 12 miniはサイズ的に片側が浮きます。

 


掛け立ては使わないかな。

 


使う上で大事な磁力についてなんですけど、レビューなどを見みると十分という人もいれば弱いという人がいるのでよくわかりません。
実際に使ってわかったことは、引っ張る方向によって変わるということです。
iPhoneを横にして真上に引っ張る分には十分で、上下左右にずらすように引っ張ると外れやすい。
一度、iPhoneを落とした時に外れていたので、ちょっと怖さはあります。
なので今は免許証しか入れていません。
もう少し強ければ良かった。

 


ウォレットスタンドを付けると厚みが出る分、当然持ちにくくなります。
片手操作できるのがメリットのminiなのに、指が画面の端に届かなくなる。
スマホリングのように指を通したとしても操作性は悪くなります。

結局家では外して使っていて、出かける時に付けるようにしているんですけど、たまに忘れてしまうんですよね。
それをどうするか。
バッグに入れていたらバッグを持っていかない時に置いて行ってしまうし、作業テーブルの上に置いていても忘れることがある。
もう玄関のドアに磁石でくっつけておこうかな。
置き場所は要検討です。

 


ちなみに、車のマグネットスマホホルダーにはガッチリくっつきます。
悪路で揺れても落ちない。
ウォレットスタンドを付けたまま使えるのでこれは本当に便利です。

 

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★☆☆