フライパンをアイリスオーヤマのものからティファールのものに変えたら、良かった

アイリスオーヤマの取っ手のとれるフライパン・鍋12点セットを買って愛用してきましたが、使用頻度の高い26cmのフライパンがヘタってきたので、気になっていたティファールのものに変えました。

アイリスオーヤマのものを買った時の記事はこちら

 


買ったのはティファールの26cmフライパンで、IH対応・取っ手のとれるタイプです。
価格はAmaoznで4,100円。

 


素材はチタンで、6層コーティング。
温度が目で見て分かる「お知らせマーク」 付きです。

 


裏面。
「厚くなったチタン・ハードベースと、チタン粒子を配合したトップコートによりT-fal史上最高峰の耐久性を実現」と謳われています。

 


これまで使っていたアイリスオーヤマのものとの比較。
左がアイリスオーヤマのもの、右がティファールです。
深さはアイリスオーヤマの方が深いですね。

ティファールを手にとってまずはじめに思ったのは、「高級感がある」ということ。
重さもずっしりくるし、厚みもあって重厚感がある。
アイリスオーヤマのものも不満なく使っていたのですが、比べちゃうとぺらぺらで軽く、安っぽく感じます。

 


ハンドルの使いまわしできないかと、アイリスオーヤマのものをティファールに装着してみました。
つかなくはないけれど、隙間ができてグラつきます。
そのせいでフライパンを振ったりしたときに傷がつきました。

 


で、結局ハンドルもティファールのものを買い足し。
Amazonで2,000円でした。

 


ハンドルもティファールの方が使いやすいですね。
握って装着、両サイドボタン同時押しで解除。
ちなみに、ティファールのハンドルはアイリスオーヤマのものには付きませんでした。

 


これまでちょっと安いという理由でアイリスオーヤマのものを買って使ってきましたが、ティファール、やっぱりいいですね。
厚みがある分熱するのに時間がかかりますが、一度温めればしばらく熱を持って調理しやすいです。
ただ、深さはもう少し深いほうが具材が飛び出にくくてよかった。

今回初めて使ってみて、だてに売り上げ世界No.1じゃないなと実感しました。
鍋なんかも買い替えたくなっちゃったけど、こうやってバラで買っていくのは高くつくなぁ。
初めからケチらずにティファールのセットを買っておけばよかった。
耐久性も多分上だろうし。(アイリスオーヤマのフライパンは1年ちょいでダメになった)

 

>>Amazonにて購入
満足度:★★★★★☆




スポンサーリンク